北海道洞爺湖サミット
    

サミット欠席で「わび状」 カーラさん、福田氏夫人に

 【パリ18日共同】フランスのサルコジ大統領夫人で歌手のカーラ・ブルーニさんが福田康夫首相の貴代子夫人にあてて、主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)の際に訪日できなかったことをわびる書簡を送っていたことが17日、分かった。両国関係筋が明らかにした。

 書簡は、貴代子さんから受け取っていた日本への招待状に答える形となっている。カーラさんは3枚目のアルバム「何もなかったかのように」の発売準備のために日本を訪問することができなくなったと説明。日本に行けないのは残念だとつづられていたという。

(2008年7月18日)

北海道洞爺湖サミットのメーン会場となる「ザ・ウィンザーホテル洞爺」(手前)。後方は洞爺湖=6月3日、北海道洞爺湖町で共同通信社ヘリから

記念撮影に臨むG8首脳

北海道洞爺湖サミットで記念撮影に臨むG8首脳。左からベルルスコーニ・イタリア首相、ハーパー・カナダ首相、メドベージェフ・ロシア大統領、ブッシュ米大統領、福田首相、サルコジ・フランス大統領、メルケル・ドイツ首相、ブラウン英首相、バローゾ欧州委員会委員長=8日午後、北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺