47NEWS >  47特集 >  汐留鉄道倶楽部

汐留鉄道倶楽部

最新コラム

大私鉄の小さな下町ローカル線

 東武鉄道に東京・下町の亀戸と曳舟を結ぶ「亀戸線」というわずか3・4キロの路線がある。どことも乗り入れせず各駅停車だけのワンマンカーがひたすら江東、墨田両区の東側輸送を担う。関東随一の大私鉄にありながら、途中駅は3つだけの短距離電車は2両連結。東京ののどかなローカル線の風情を持つ。

 その中の1つ「亀戸水神」駅は前から気になる名称だった。寺社名を冠した駅は「大師前」「新井薬師前」「不動前」「水天宮前」「松蔭神社前」「泉岳寺」など23区内だけでも数あれど、果たして亀戸水神駅周辺は?

 初詣を兼ねてまずは亀戸天神でお参りした。菅原道真をまつる太宰府天満宮に酷似、1月の「うそ替神事…【続きを読む】

これまでのコラム

「JNR」マークが消えて30年

 日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化され、JRに生まれ変わったのは1987年4月1日のこと。つま…【続きを読む】

鉄旅審査員が“究極の鉄旅”に挑戦!

 日本一の鉄道旅行を決める2016年度の「鉄旅オブザイヤー」が、25日に発表された。私は審査員…【続きを読む】

一覧を見る