47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  宮城

日本酒 津々浦々

宮城
宮城県栗原市 萩野酒造

【3130】萩の鶴 特別純米 メガネ専用(はぎのつる) 【宮城】

【日本酒研究会遠征場所 全10回の⑩完】  異業種間飲み会の日本酒研究会は毎月欠かさず、M居酒屋で月例会を開いており、ことしで足掛け11年を数える。この間、異動で多くのメンバーが…[記事全文]


宮城 | 2017/11/07 | 21:40 | コメント (0) | コメントを書く

宮城県大崎市 新澤醸造店

【3072】あたごのまつ 特別純米 【宮城】

【日本酒研究会月例会 全6回の⑤】  異業種の酒飲み人が月1回、M居酒屋に集う日本酒研究会。研究会とは名ばかりで、単なる飲み会。ちょっとカッコつけて研究会だ。今回は前回同様、S、…[記事全文]


宮城 | 2017/09/29 | 10:06 | コメント (0) | コメントを書く

宮城県栗原市 萩野酒造

【3067】日輪田 山廃純米 ひまわりラベル(ひわた) 【宮城】

【B居酒屋にて 全5回の⑤完】  なじみのNスナックのママから同伴をおねだりされていた。長らくうっちゃっていたが、根負けし、一緒にB居酒屋へ。NスナックとB居酒屋の距離は歩いて1…[記事全文]


宮城 | 2017/09/23 | 17:22 | コメント (0) | コメントを書く

宮城県栗原市 金の井酒造

【3055】小僧山水 純米(こぞうさんすい) 【宮城】

【H居酒屋にて 全3回の①】  なじみのH居酒屋の店主から連絡が入った。「新しい酒が3本入りましたので、いらしてください」。一般的な居酒屋の酒メニューは、酒名と値段の羅列。これだ…[記事全文]


宮城 | 2017/09/09 | 22:02 | コメント (0) | コメントを書く


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。