47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【3127】盛田 純米吟醸 無濾過(もりた) 【愛知】

日本酒 津々浦々

17年11月05日 15:14


【3127】盛田 純米吟醸 無濾過(もりた) 【愛知】

愛知県名古屋市 盛田
愛知県名古屋市 盛田

【日本酒研究会遠征場所 全10回の⑦】

 異業種間飲み会の日本酒研究会は毎月欠かさず、M居酒屋で月例会を開いており、ことしで足掛け11年を数える。この間、異動で多くのメンバーが各地に散った。いつもはM居酒屋で開いているが、年に1回ほど、違う場所にかつてのメンバーも集い、旧交を温めている。今回は14人の新旧メンバーが集まった。

「姫の井 十日旬酒」「越後鶴亀 純米吟醸」「都鶴 純米吟醸 甘口」「紀州誉 おりざけ」「国見 あつかしさん 極 純米大吟醸」「れいざん 粋撰」に続いて7番目にいただいたのは「盛田 純米吟醸 無濾過」だった。「盛田」は、わたくしにとっての初蔵酒だった。さて、いただいてみる。

 酒蛙「美味しいね」
 B 「辛いね」
 M 「喉の奥に残る」
 酒蛙「やわらかで、ふくよか。酸味が適度にある。余韻の辛みと苦みがアクセントになっている」
 女将さん「余韻の辛みが長い」
 酒蛙「同感です」

 瓶の裏ラベルは、この酒を以下のように紹介している。

「愛知県産酒造好適米『夢吟香(ゆめぎんが)』を全量使用し、米本来の旨みを残すため無濾過で仕上げた純米吟醸酒です。穏やかな香り、深い味わいが特徴です。比較的濃い味付けのお料理と一緒にお楽しみください」。精米歩合は58%。

「夢吟香」(ゆめぎんが)は愛知県農業総合試験場作物研究部が、母「山田錦」と父「育酒1764」を交配、2010年に命名、2012年に種苗法登録された新しい酒造好適米だ。



愛知 | 2017/11/05 | 15:14 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります