47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【3124】紀州誉 おりざけ(きしゅうほまれ) 【和歌山】

日本酒 津々浦々

17年11月03日 16:10


【3124】紀州誉 おりざけ(きしゅうほまれ) 【和歌山】

和歌山県海南市 紀の司酒造
和歌山県海南市 紀の司酒造

【日本酒研究会遠征場所 全10回の④】

 異業種間飲み会の日本酒研究会は毎月欠かさず、M居酒屋で月例会を開いており、ことしで足掛け11年を数える。この間、異動で多くのメンバーが各地に散った。いつもはM居酒屋で開いているが、年に1回ほど、違う場所にかつてのメンバーも集い、旧交を温めている。今回は14人の新旧メンバーが集まった。

「姫の井 十日旬酒」「越後鶴亀 純米吟醸」「都鶴 純米吟醸 甘口」に続いて4番目にいただいたのは、「紀州誉 おりざけ」だった。この酒は、わたくしにとって初めての蔵のお酒だ。さて、いただいてみる。

 F 「にごり酒は特有な風味があるが、これは意外に普通だ」
 酒蛙「うん、クセが無い。にごり酒によくある重みがなく、キレが良い」
 S 「きわめて普通」
 I 「酸を感じる」
 酒蛙「酸はすこしだよ。Iさんは酸に過敏に反応するからなあ」
 B 「甘みがある」
 女将さん「バランスが割合良いにごり酒ですね」
 A 「この酒は敵がすくない。抵抗勢力が無い酒だ」
 みんな「あははは。例えがすさまじいなあ」
 F 「角がとれている」
 酒蛙「甘みと旨みを感じる。わずかに酸がある。穏やかで、やわらかくて、丸みのある酒だ」

 いわゆるにごり酒は、いかにも、という風味のものが多いが、今回のにごり酒は、いわゆるにごり酒とはまったく違うタイプのお酒だった。

 ラベルの表示は「アルコール分14度、原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール」。

 ところで、ネットで「紀の司酒造」を検索しても「紀州誉」に行きつかなかった。その代り「平和酒造さんと全国にチェーン店を持つ『酒のやまや』のコラボ商品」「酒造:平和酒造(和歌山県海南市)」「平和酒造 紀州誉 おりざけ」がヒットした。平和酒造は「紀土」で全国に名を知られる気鋭蔵だ。以上のネット情報から、この酒は平和酒造への委託醸造とみられる。



和歌山 | 2017/11/03 | 16:10 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります