47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【3095】雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし(ゆきのぼうしゃ) 【秋田】

日本酒 津々浦々

17年10月15日 10:33


【3095】雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし(ゆきのぼうしゃ) 【秋田】

秋田県由利本荘市 齋彌酒造店
秋田県由利本荘市 齋彌酒造店

【日本酒研究会月例会 全6回の②】

 異業種の酒飲み人が月1回、M居酒屋に集う日本酒研究会。研究会とは名ばかりで、単なる飲み会。ちょっとカッコつけて研究会だ。今回は、S、KO、Fが仕事のため欠席、4人での例会となった。

 トップバッター「いづみ橋 とんぼラベル7号 槽場直詰め 無濾過生原酒 生もと」に続いて飲んだのは「雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし」だった。わたくし行きつけのM居酒屋もB居酒屋も「雪の茅舎」が好きなため、必然的にわたくしが飲む種類も増える。当連載ではこれまで「雪の茅舎」15種類も紹介している。

 今回の酒は「雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸」(当連載【1013】)、「雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸 生酒」(当連載【2967】)のひやおろしバージョンだ。さて、いただいてみる。

 酒蛙「香りが立つね。山廃というとガツンとくるイメージだが、これは上品でしずかな味わいだ」
 T 「軽いな」
 酒蛙「いかにも『雪の茅舎』というような味わいのお酒だ。『雪の茅舎』のDNAが、ふんだんに入っている」
 KI「『雪の茅舎』は、人気のある酒だ」
 酒蛙「香りが立ち、山廃ではあるが、さっぱりとした飲み口だ。そして、甘み・旨みがやわらか」
 T 「酸味がある」
 H 「これは、いい酒です」
 酒蛙「きれいな酸があり、旨みは適度で、きれいな酒。余韻も酸と軽い苦みがある」

 瓶の裏ラベルの表示は「原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、精米歩合55%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名「雪の茅舎」の由来について、コトバンクは「酒名は、雪に埋もれた茅葺き屋根の農家が点在する当地の冬景色に由来する」としている。



秋田 | 2017/10/15 | 10:33 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります