47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【3075】福鶴 ふくく 生酛純米大吟醸 生原酒(ふくつる) 【富山】

日本酒 津々浦々

17年10月02日 21:04


【3075】福鶴 ふくく 生酛純米大吟醸 生原酒(ふくつる) 【富山】

富山県富山市 福鶴酒造
富山県富山市 福鶴酒造

【Z料理店にて 全3回の②】

 夕方、ふらりと近所のZ料理店へ。ここの店主は、わたくしが飲んだことがないだろう酒を用意してくれるから、月に1回は訪れ、その厚意に報いなければならない。店主としても、わたくしに餌を与え、定期的に訪れるように、との深慮遠謀。それが見え見えなのが楽しい。

 今回、わたくしが飲んだことがない酒は3種類あった。その中から「鮎 純米吟醸 雪中貯蔵」に続いて「福鶴 ふくく 生酛純米大吟醸 生原酒」を選択する。福鶴酒造の主銘柄は「風の盆」。以前、「風の盆 純米 有機栽培米100%使用」(当連載【1548】)を1種類飲んだことがある。さて、いただいてみる。

 甘旨酸っぱい。これが第一印象。ふくよかで、味がふくらむ。濃醇。独特な香味が印象的だ。古本屋的というか、古樽的というか、菌類的というか、香味は非常に複雑で、たとえが難しい。余韻も同様。ボリューム感たっぷり。味がしっかりしていて、力強い。旨いお酒だった。

 瓶の裏ラベルの表示は「原材料名 米(富山県産)米麹(富山県産米)、精米歩合50%、アルコール分18度」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

「ふくく」は、福鶴酒造の新しいブランドとのことで、「ふくく」の由来は、ネット情報によると「福鶴酒造の前身で米屋を営んでいた福島屋の三代目で、造り酒屋を創業した九郎左衛門からとっています」。つまり、「ふくく」は「福九」の意味だった。



富山 | 2017/10/02 | 21:04 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります