47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【2996】松の寿 純米吟醸 雄町 生酒 あらばしり(まつのことぶき) 【栃木】

日本酒 津々浦々

17年08月03日 22:41


【2996】松の寿 純米吟醸 雄町 生酒 あらばしり(まつのことぶき) 【栃木】

栃木県塩谷郡塩谷町 松井酒造店
栃木県塩谷郡塩谷町 松井酒造店

【B居酒屋にて 全5回の②】

 当地から約100km離れている街の、手打ち蕎麦屋の店主と気が合う。その蕎麦屋さんで、年に3-4回、飲み会を開いている。今度は店主がわたくしと飲むためにやってきた。当初、日帰りのつもりだったらしいが、30分くらい飲んだら「泊まることにする!」。ということで、午後5時半から午前1時ごろまで7時間半、“さし”で清酒を飲み続けた。

 最初の店は、わたくしなじみのB居酒屋。ここは、清酒を約200本常備しているので、清酒好きのお客さんにうってつけ。「播州一献 純米大吟醸 北錦 生酒 澱絡み」に続いて2番目にいただいたのは「松の寿 純米吟醸 雄町 生酒 あらばしり」だった。B居酒屋は「松の寿」が好きで、いつも冷蔵庫に入れている。個人的には、甘みがよく出るお酒、というイメージを持っている。さて、このお酒はどうか。

 吟醸香がやや華やかで、甘旨酸っぱい。これが第一印象。甘みが上品。飴のような甘みが若干感じられる。酸がいい感じで出ている。余韻は軽い苦み。やや厚みのある飲み口で、フルーティー&ジューシーなお酒だった。

 瓶の裏ラベルの表示は「原料米 雄町100%、精米歩合55%」。

 裏ラベルには「頒布会特注品」と書かれていた。



栃木 | 2017/08/03 | 22:41 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります