47NEWS >  47特集 >  日本酒 津々浦々 >  【2889】宝剣 純米 生(ほうけん) 【広島】

日本酒 津々浦々

17年05月08日 21:22


【2889】宝剣 純米 生(ほうけん) 【広島】

広島県呉市 宝剣酒造
広島県呉市 宝剣酒造

【B居酒屋にて 全6回の⑥完】

 異業種の2人、そして同僚とわたくしの4人の飲み会。それぞれ全員顔なじみ。それぞれとは何回も飲んでいるが、4人そろって飲むのは初めて。最初からB居酒屋→スナックNというコースを設定した。まずB居酒屋から。この店は約200本の酒を冷蔵庫に常備しているので、酒を探すのが楽しい。

「二兎 純米吟醸 備前雄町55 生原酒」「和香牡丹 特別純米 雄町」「賀茂金秀 特別純米13 生原酒」「田光 純米 槽搾り 一回瓶火入」「天青 特別純米 吟望 防空壕貯蔵」に続いて、最後6番目に選んだのは「宝剣 純米 生」だった。

「宝剣」はこれまで、「宝剣 純米 魂心の一滴」(当連載【340】)と「宝剣 限定涼香吟醸」(当連載【854】)をいただいたことがある。これはどうか。

 酒蛙「おおおっ、旨いっ! コレハ旨い。旨みがたっぷりある」
 F 「これはいいっ!」
 H 「旨みがありますね」
 F 「旨みと酸のバランスが絶妙。これはいい」
 酒蛙「香りはしずか。甘旨酸っぱさに辛みが混じる。厚みは中庸。旨みたっぷりだけど辛みと酸があるため、キレ味抜群だ」
 F 「バランスが絶妙」
 酒蛙「酸、旨み、辛み、苦みがいい。フレッシュ感がある。飲み飽きしないタイプ。宴会酒に適しているが、マジ旨い」

 瓶のラベルの表示は「使用米 広島県産八反錦100%、精米歩合60%」。

 酒名「宝剣」の由来について、コトバンクは「酒名は、地元が古くは刀剣の産地であったことに由来」と説明している。

 このあとわたくしたちは近所のスナックNに転戦。点数カラオケ合戦に熱くなった。



広島 | 2017/05/08 | 21:22 | コメント (0) | コメントを書くコメント一覧 |


地方新聞社元記者。唎酒師。本籍・住所・年齢不詳。性別は男。飲んだことのない酒を飲むことと、ぬる燗が趣味。燗つけ器を、なじみの居酒屋に置いて、燗酒を楽しんでいる。酒席での「とりあえずビール」は、ビールにも酒にも失礼だ、といきなり酒を飲み始める。酸味のある濃い酒を好む。毎年、500種類以上の酒を飲んでいる。







     *コメントがページに反映するまで10分ほどかかることがあります