更年期障害改善の乳酸菌        


 大豆イソフラボンを分解して、更年期障害改善が期待される物質「エクオール」を作り出す乳酸菌を発見したと、大塚製薬(東京都千代田区)が発表した。同社は、この乳酸菌やエクオールの商品化を検討しているという。
 大豆イソフラボンは、納豆やみそなどの大豆製品に含まれている。見つかった乳酸菌「ラクトコッカス20―92株」は、大豆イソフラボンの一種のダイゼインを分解。女性ホルモンと似た構造を持ち、更年期障害の改善や乳がんの予防に役立つ可能性があるとされるエクオールを作る。
 日本人の半数は腸内に、大豆イソフラボンからエクオールを作る分解菌を持っており、大豆製品を多く消費する地域ほど、分解菌を持つ割合は高い傾向があるという。


ヘッドラインへ戻る

記事、写真、グラフィックスの無断転載を禁じます。
2005 Kyodo News (c) Established 1945 All Rights Reserved