再狭窄防ぐ新ステント登場
血管内に溶け出す薬剤
急速に普及しそう

  「再狭窄(きょうさく)はほとんどなし」―。狭心症や心筋梗塞(こうそく)の際、カテーテル(細い管)を使った治療で利用される新しい「薬剤溶出ステント」が、日本でも使えるようになった。
 ステントは金属製の網状のチューブで、狭くなったり詰まったりした心臓の血管(冠状動脈)を広げた後に置いて血流を確保する。従来の治療は一度広げた所が再び詰まる再狭窄が多かった。新ステントは再狭窄を防ぐ効果が非常に高く、急速に広まりそうだ。
 
 ▽既に700人に
 「本当に遅かった。アジアだけを見ても、このステントを使えなかったのは日本を含め3つの国だけだった」と千葉西総合病院(千葉県松戸市)の三角和雄(みすみ・かずお)院長・心臓センター長。
 同病院では5月から既に約700人の患者に新ステントを使ったという。
 再狭窄は、血管が押し広げられたり、ステントを入れたことによって傷ついた部分が、傷を修復しようとして細胞が増殖するために起こる。
 今回、使用が認められたのは「サイファーステント」と呼ばれ、ステンレス製で表面に免疫抑制剤の一種であるシロリムスが塗られ、一定期間、薬剤が表面から溶け出して細胞の増殖を防ぐ仕組みになっている。
 「再狭窄はステントを入れた後、3-6カ月後に多い。従来、再狭窄は15-25%あったが、新ステントはほぼゼロ。現在、3カ月を過ぎている患者は300人強で、再狭窄率は0・8%。100人に1人もいない」(同院長)
 米国での再狭窄率データも0-5%。再狭窄はほとんどなくなったと言えるという。

 ▽1泊2日
 「現在、カテーテルの挿入はほとんど手首の血管から。カテーテルの先に付いたバルーン(風船)で心臓の血管を広げ、ステントを入れるのにも30分以内。局所麻酔だけでよい。手首は止血も簡単で1泊して翌日帰宅している。土曜日に入れて日曜に帰宅、月曜は普段通り出勤というパターンが多い」と三角院長。
 5月に同病院で、日本初のサイファーステントを入れた70歳の女性の場合、重症の狭心症で三本の冠状動脈が全部詰まりかけていた。
 高齢で手術もできない状態で、2月の入院時には心機能が低下し、ショック状態だった。カテーテルを使い、従来のステントを2つ入れた。3カ月後に再狭窄が見られ、ちょうどサイファーステントが使えるようになったため、その内側を含め4カ所に入れた。現在は元気に歩き回っているという。

 ▽ロータブレーター
 これまでは、詰まった冠動脈を自分の体の血管を使って置き換えるバイパス手術が行われてきたが、全身麻酔で胸を開いて行う手術のため、体への負担が大きかった。
 「バイパス手術とカテーテルの割合は欧米で1対1、日本では1対3から4だったが、今は1対7か8。もう10人中9人がカテーテルという時代になるのではないか。普通3本の冠動脈のうち1―2本が詰まっている場合、カテーテルですべてできる」(同院長)
 また透析患者や高血圧が長い人などは冠動脈が石灰化しやすく、血管内部が石のように硬くなって、バルーンやバイパス手術もあきらめているケースが多かった。
 そういう場合、カテーテルにダイヤモンドドリルが付いた「ロータブレーター」を装着して石灰化部分を削った後、ステントを入れることも1時間程度でできるという。
 三角院長は「ロータブレーターはまだ限られた所でしかできないが、当院では昨年だけで500件以上を実施し、世界一の実績がある。ステントは入れて半年持てば、後はまず再狭窄することはない」と話している。


ヘッドラインへ戻る

記事、写真、グラフィックスの無断転載を禁じます。
2004 Kyodo News (c) Established 1945 All Rights Reserved