削らないで虫歯を治療
3Mix―MP法
抗菌剤で完全無菌化

 歯をほとんど削らず、抗菌剤を使って病巣を無菌化する「3Mix-MP法」という新しい虫歯の治療法が注目を集めている。虫歯に侵された部分を削って取り除く従来の治療法の常識を大きく変えるもので、削らないため治療に伴う痛みがなく短期間で終わる。「歯医者は痛い治療をする嫌な所」というイメージを変えるかもしれない。
 
 ▽再発多い従来法
 虫歯は口の中にいる無数の菌が食べかすなどから酸をつくり、酸が歯を溶かすことで起きる。歯の表面の硬いエナメル質を溶かすと、その下の象牙質に侵入。そのまま治療しないで放置すると血管や神経が通っている歯髄にまで達する。
 虫歯が無機質のエナメル質にとどまっているうちは痛みはない。しかし象牙質は象牙細管という細い管で歯髄につながっており、虫歯がここまで進むと痛みを感じるようになる。
 菌に侵された象牙質は変色して軟らかくなるため軟化象牙質と呼ばれ、従来の治療法ではこの部分をすべて取り除くのが常識。虫歯がさらに歯髄にまで進行すると感染した歯髄を抜く治療なども必要になる。
 だが、3Mix-MP法の開発者の1人で、仙台市で歯科医院を開く宅重豊彦(たくしげ・とよひこ)氏は「従来の治療法では完全な無菌化は困難で、虫歯が再発することが多い」と指摘する。実際、詰め物の下に再び虫歯ができたり、治療した歯の根の部分に膿(うみ)がたまったりして、再治療を受けた経験のある人は多いだろう。

 ▽抗菌剤を置くだけ
 宅重氏によると、これは感染した象牙質を削り取る従来の方法では周囲の象牙細管の奥にまで入り込んだ菌をすべて取り除くことができないため。菌を残さないよう多めに削り取ったり、削った後に消毒したりするが、それでも完全に無菌化することは難しいという。
 これに対し、3Mix-MP法は病巣を取り除かずに殺菌して自然修復を促すのが特徴。軟化象牙質や感染した歯髄もできるだけ削ったり抜いたりしないで残す。代わりにメトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンという3種類の抗菌剤を調合して虫歯の穴に置き、そのまま穴をふさぐ。
 こうするだけで抗菌剤が歯の隅々に浸透して歯髄を含む歯全体を無菌化。ほとんどの場合、1回の治療で虫歯の痛みはなくなり進行も止まる。大きく削ったり歯髄を抜いたりすることによるトラブルがない上、削らずに残した軟化象牙質もカルシウムが沈着するなどして再び硬くなるという。

 ▽3種の調合が効果
 3種類の抗菌剤の組み合わせを発見したのは新潟大学歯学部の星野悦郎(ほしの・えつろう)教授。虫歯の原因菌には多くの種類があり、1つの抗菌剤ですべての菌を殺すことはできなかったが、3種類を組み合わせることで100%殺菌することに成功した。当初は治療効果が安定しなかったが、宅重氏がマクロゴールとプロピレングリコールという2つの基剤を混ぜることで、抗菌剤が患部に効率よく届くように改良した。
 3Mix-MP法は保険適応ではないが、3つの抗菌剤はそれぞれ内服薬として認められているので安全性は問題なく、治療に使う量が微量のため薬代も1回当たり数円しかかからないという。
 あまりにも従来の治療法と異なるため「初めて学会発表した時は『これまでの歯科治療を無視するものだ』と批判された」と宅重氏。だが東京や大阪でセミナーを開催して普及に努めた結果、3Mix-MP法を取り入れる歯科医は徐々に増えているという。
 問い合わせは電子メール、 info@3mix-mp.comへ。


ヘッドラインへ戻る

記事、写真、グラフィックスの無断転載を禁じます。
2004 Kyodo News (c) Established 1945 All Rights Reserved