47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

親が精神疾患―支え合おう
「子ども」の会を設立
本や集会で理解呼び掛け

精神疾患,親,精神疾患の親をもつ子どもの会,こどもぴあ,体験記,出版
 精神疾患のある親に育てられた人たちが、互いに語り、支え合う場をつくろうと「精神疾患の親をもつ子どもの会(愛称・こどもぴあ)」を発足させる。彼らを応援する専門家も、支援の大切さを広く知らせるため、患者の子どもたちの体験記を集めた本を出版。2018年から活動を本格化、会への理解や参加を各地の集会などで呼び掛けていくという。 [記事全文]

結核の死者170万人
WHOが年次報告

 2016年に新たに発症した結核患者は世界で推定1040万人、結核による死者は同170万人で死因の第9位を占めていることが世界保健機関(WHO)がまとめた結核に関する年次報告で明らかになった。 [記事全文]
短信

卵摂取は必ず医師指導下で

 鶏卵アレルギーになるリスクが高い子どもの発症を予防するため、生後6カ月ごろから卵の微量摂取を推奨する提言を発表した日本小児アレルギー学会が、実際に行う際の注意点を解説にまとめ、学会ウェブサイトに掲載した。「卵の早期摂取」という考え方だけが広まる危険性を考慮した。 [記事全文]
短信のライン

治療目標の共有に課題

 皮膚が赤くはれ、乾いた破片がはがれ落ちる尋常性乾癬(かんせん)について、患者と医師が想定する治療目標にはズレがあり、患者は自分の要望を医師に伝え切れていないことが製薬会社日本イーライリリーなどの調査で分かった。 [記事全文]
短信のフット部分