47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

失神、原因で異なる対処法
多くは工夫で再発防げる
心臓病関連は高リスク

失神,気絶,脳貧血,聖マリアンナ医大東横病院,失神センター長,古川俊行,反射性失神,不整脈,心原性失神,反射性失神,順天堂大練馬病院,住吉正孝,アイソメトリクス運動
 満員電車などで人が突然意識を失い、倒れてしまう失神。多くは命に関わるものでなく、生活の工夫で再発をかなり防げるという。しかし、放置すると危険で早期治療が必要なタイプもある。そうした高リスクの失神を見逃さないことが大切だと専門家は強調する。 [記事全文]

糖尿病指導者、独自認定へ
東京、二つの資格新設

 糖尿病の患者が増え続けている東京で、この病気の専門的な知識を身に付ける二つの資格の認定制度がスタートした。 [記事全文]
短信

梅毒早くも1000例に

 全国の梅毒患者の報告数が、今年初めから3月20~26日(第12週)までで1013例と早くも千例を突... [記事全文]
短信のライン

"春バテ"で不調9割

 激しい寒暖差や気圧差、年度替わりの生活環境の変化などによるとみられる春先の不調を、働き盛り世代の9... [記事全文]
短信のフット部分