47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

手術用具「ピッ」と管理
医療事故防止にICタグ
効率化、コスト削減も

手術用具,ICタグ,RFID,島根大病院,大平明弘教授,お茶の水女子大,太田裕治教授,医用工学
 手術の際に用具やガーゼなどを患者の体内に置き忘れる医療事故はなかなかなくならない。これを防ぐため、手術用具にICタグを付け、装置で「ピッ」と読み取って管理するシステムの採用が進んでいる。用具一つ一つに取り付けたタグをチェックすることで手術の安全性が高まり、業務の効率化、省力化にもつながりそうだ。 [記事全文]

乳がん診療の患者向け解説
美容面の記述も増やす

 自分や家族が乳がんで診療を受ける際に、知っておくと役立つ情報をまとめた「患者さんのための乳がん診療ガイドライン2016年版」(金原出版)が発刊された。乳がんの専門家に患者の代表らも加えた日本乳癌学会の小委員会(大住省三委員長)が編集した。 [記事全文]
短信

体外受精で年40万人誕生

 体外受精などの生殖補助医療が2008~10年に世界で計446万回行われ、その結果計114万人の赤ち... [記事全文]
短信のライン

脳卒中啓発で劇団など表彰

 日本脳卒中協会と製薬会社サノフィは、脳卒中に関する啓発や患者支援などへの貢献をたたえる2016年度... [記事全文]
短信のフット部分