47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

◎普段の乳房の状態に関心を
万能な検診法なく
30代以下の乳がん

乳房,検診,乳がん,小林麻央さん,日本乳癌学会,患者向け診療ガイドライン四国がんセンター,大住省三,国立がん研究センター,30代,マンモグラフィー,超音波検査,セルフチェック,死亡率,BRCA1/2,遺伝性,遺伝カウンセリング
 乳がんで闘病していたフリーアナウンサー小林麻央さん(34)が6月に亡くなり、30代など比較的若い世代の乳がんに改めて関心が向いている。早期発見されれば治りやすく、若い人には少ない乳がんだが、基本的な知識は押さえておきたい。 [記事全文]

歯が多いと健康寿命長い
東北大、7万人で分析

 高齢者では残っている歯が多いほど日常生活に制限がない「健康寿命」が長く、要介護期間が短いとする研究結果を、東北大歯学研究科の松山祐輔・歯科医師が米国の専門誌に発表した。歯の本数と要介護期間の長さの関連はこれまで明らかでなかったとしている。 [記事全文]
短信

脳卒中啓発への貢献で表彰

 日本脳卒中協会(大阪市)と製薬会社サノフィ(東京)は、脳卒中に関する啓発や患者支援などへの貢献をたたえる本年度の日本脳卒中協会「サノフィ賞」に、大阪府の「泉州脳卒中予防チーム・備長炭」と、栃木県出身のフリーアナウンサー・ナレーターの沼尾ひろ子さんを選んだ。 [記事全文]
短信のライン

肝臓病を学ぶフォーラム

日本肝臓病患者団体協議会(東京)は、ウイルス性肝炎と肝硬変、肝がんの最新治療について学ぶ「世界・日本肝炎デーフォーラム」を7月30日(日)午後1時から東京都千代田区の全電通ホールで開く。 [記事全文]
短信のフット部分