47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

梅毒感染、さらに拡大
原因解明へ研究班設置
無自覚でもうつす恐れ

梅毒,厚生労働省,感染症法,母子感染,性交渉,新宿区保健所,日本家族計画協会,北村邦夫,梅毒トレポネーマ,バラ疹,国立感染症研究所,大西真
 梅毒感染者の増加が止まらない。特に若い女性で目立ち、異性間の性交渉によって広がっていることが分かってきた。厚生労働省は人気アニメのキャラクターを使ったキャンペーンを展開するなど啓発に力を入れるが、具体的にどういった人たちがハイリスクなのかは実はよく分かっていない。いったい誰に注意を促したらいいのか。同省は専門家の研究班を設置して実態把握を急ぐとともに、心当たりがあればすぐに検査を受けるよう呼び掛けている。 [記事全文]

排卵日検査薬入手しやすく
ドラッグストアでも

 最も妊娠しやすい「排卵日」を予測できる検査キットが、ドラッグストアでも買えるようになった。これまでは調剤薬局でしか購入できなかったが、一般用の検査薬として国が承認した。昨年12月にロート製薬(大阪市)が「ドゥーテストLHa」、武田薬品工業(同)が「ハイテスターH」を相次いで発売した。 [記事全文]
短信

孤立で乳がん死のリスク増

 乳がん患者が社会的に孤立していると、再発や死亡のリスクが高まるとの研究を米国などのチームが米医学誌... [記事全文]
短信のライン

心臓病の医療や制度を解説

 心臓病の患者と家族らでつくる「全国心臓病の子どもを守る会」が、患者・家族向けの解説本「心臓病児者の... [記事全文]
短信のフット部分