2009/06/09■原因物質減らした部屋開発 注意の目安判定のテストも

2009/06/09■減塩実行は半数

2009/05/26■依存症で禁煙成功半分以下 1週間未満で挫折

2009/05/26■肝炎医療費助成、1年半に C型難治へのIFN投与

2009/05/19■副作用の兆候、早期発見を 病気ごとにマニュアル整備

2009/04/28■プラーク体積5%減

2009/03/24■「正常」でも要注意 メタボも危険要因に

2009/03/17■脳卒中患者を長期間追跡 福岡で大規模データベース

2009/03/03■血栓症、日本人では低率 薬剤溶出ステントの留置後

2009/02/24■骨髄細胞で肝硬変改善 機能を再生、副作用なし

2009/02/17■心血管病の危険性大幅低下 炎症を指標にスタチン投与

2009/02/03■早期治療に「遺産効果」 糖尿病の大規模臨床試験で

2009/01/27■糖化アルブミンで糖尿検査 日赤、献血時に導入

2008/12/09■抗コリン薬で呼吸機能改善 COPD、効果4年継続 

2008/12/02■冠症候群で初の全国調査

2008/11/25■エアロビで運動療法

2008/11/18■微細な対象、鮮明に撮影 世代型CTが登場

2008/10/28■インスリン療法を童話で

2008/09/22■高齢者に使いやすい注入器

2008/09/09■ハートの日キャンペーン

2008/09/02■手術後の突然死を防げ 静脈の血栓症抑制に新薬

2008/08/26■菌入りカプセルで快便を

2008/07/29■糖尿病透析患者は別指標で 血糖管理で治療ガイド作成 

2008/07/29■メタボを科学する

2008/07/29■熱中症予防に冷水常備を

2008/07/22■女性の2人に1人「未病」

2008/07/01■千葉大に「未来センター」 先進医療の拠点施設

2008/06/24■総歩数1位の社員に3万円

2008/05/26■C型肝炎の検査受診は18%

2008/05/20■血圧測り脳卒中予防を 宮川大助・花子さん

2008/05/07■体内で吸収されるステント 血管を拡張、京都で開発

2008/05/07■脳卒中や心臓発作を抑制

2008/04/30■何歳ですか、肺年齢 5月9日「呼吸の日」

2008/04/30■メタボ症候群、7割が誤解

2008/03/18■白血球除去療法が効果 難病の潰瘍性大腸炎

2008/03/18■おなか健康法の冊子進呈

2008/03/04■「悪玉÷善玉」を目安に コレステロール値で提唱

2008/02/26■血友病治療のネットワーク 内科の担当医増へ

2008/02/26■肺高血圧症の新薬承認

2008/02/05■月1回断食で心臓病予防

2008/01/22■増える「不安定型」心臓病 若年でも発症し重症化

2008/01/08■漫画交え心臓病を解説

2007/12/18■寝たまま測れる腹部脂肪計

2007/11/27■血友病の関節障害を予防 凝固因子の定期補充療法

2007/11/27■「腹七分目と運動」

2007/11/27■新タイプの高血圧症治療薬

2007/10/30■糖尿病患者らの作品募集

2007/10/30■受動喫煙でCOPD

2007/10/23■見逃すな、劇症糖尿病 短期間で合併症も

2007/9/25■血行良くして健康維持を 専門医らが研究会設立

2007/8/28■血管治療の研修施設完成 新しいステントも登場

2007/8/21■心不全悪化の兆候キャッチ ペースメーカーに新機能

2007/7/10■ぜんそく死86%は高齢者 発作起こさない治療が重要

2007/5/29■高脂血症改め脂質異常症 悪玉コレステロールを重視

2007/5/22■ カプセル内視鏡を初承認

2007/5/15■ とにかく心臓マッサージを 人工呼吸は「必要なし」

2007/5/15■高脂血症薬が睡眠障害改善

2007/5/8■ 針の落下で血液の粘り測定 独協医大、関西大が新装置

2007/3/6■ 67%が血圧降下達成できず 

2007/2/28■ 糖尿病の合併症予防を検証

2006/12/26■ 動脈硬化、腕の血管で診断 

2006/12/05■ インスリン注射し50年 

2006/11/21■ 胃に風船入れ減量 5カ月で20キロ以上減も

2006/11/08■ 肥満高血圧患者の死亡半減 降圧剤ARBの臨床試験

2006/09/12■ 非びらん性胃食道逆流症  胃酸抑制剤、半数に効果
 
2006/09/05■ 肥満は慢性病  治療継続が必要と専門家

2006/08/22■ 遺伝子検査で合併症を予測

2006/07/04■ クローン病などに適応拡大

2006/06/27■ 熱中症に気を付けて 夏本番、小さな気配りを

2006/06/20■ 糖尿病性腎症に降圧薬 国際共同試験で初の承認

2006/06/13■ 難治性気胸に内視鏡治療 シリコーンで気管支に栓 8割近い患者で効果

2006/06/13■ 77%に食事制限のストレス 糖尿病患者の意識調査

2006/05/16■ 炎症ない慢性胃炎に診断名 機能性ディスペプシア

2006/05/09■ 3氏にリウマチ医学賞

2006/04/25■ 体に負担のない血管検査 放射線も造影剤も不要に 動脈と静脈を分けて表示

2006/04/11■  高血圧と内臓肥満に注意を

2006/03/28■ 日本人でも心疾患が減少 高脂血症治療薬で

2006/02/28■ 大事な胃の粘液 胃壁守り消化にも活躍

2006/01/24■手術せずに心臓の穴ふさぐ  血管から特殊な栓を挿入 心房中隔欠損症

2005/12/27■怖い閉塞性動脈硬化症 足の痛みに注意を

2005/12/20■携帯ポンプで持続注入 1型糖尿病インスリン療法 注射に代わる選択肢に 

2005/12/13■ぜんそくの再発にご注意 気道の炎症続く傾向に

2005/12/13■ぜんそくの症状劇的改善

2005/12/06■注目される「拡張不全」 心不全の原因に浮上

2005/11/08■カテキンに血糖下げる効果

2005/10/25■ぜんそく対策で活動方針

2005/10/11■ウエストの太さに注意を 心臓疾患の予防に 

2005/10/04■楽になった胃カメラ検査 細径化や鎮静剤使用で 気軽に検査をと専門医 

2005/10/04■高脂血症治療は根気よく 危険因子を考慮して

2005/09/13■血清脂質の怖さ確認

2005/08/30■H2ブロッカーに幅広い効果 薬剤性かいようや食道炎

2005/08/16■磁力でカテーテル遠隔操作〝名人級〟の治療可能に 国内でも臨床試験へ

2005/08/16■CTが心疾患にも威力発揮 冠動脈を簡単に検査

2005/08/09■薬剤ステントは再狭窄なし 市販後調査で好結果

2005/08/02■寝たきり予防に大きな効果 心不全では多施設研究 長野市大岡診療所

2005/08/02■課題残る慢性疾患対策 新潟県中越地震の教訓

2005/07/26■可能性広がるサウナ療法 心不全では多施設研究 血管障害でも効果確認

2005/06/21■治療成績上がったC型肝炎 積極的な検査、受診を

2005/06/14■水分補給の意識を大切に 脳卒中呼ぶドロドロ血液

2005/05/16■心不全や呼吸障害を改善 循環器病センターが確認

2005/05/09■減らせる「心臓突然死」 除細動器の普及を

2005/05/06■内臓脂肪の蓄積が元凶 メタボリック症候群

2005/04/26■満腹感は見た目からも

2005/04/12■不十分な血圧コントロール 実態調査で浮き彫りに

2005/04/12■肝硬変を簡単に検査  振動波で肝臓の硬さ計測  負担なく繰り返し可能

2005/03/22■弱い衝撃波で狭心症治療 血管新生し血流が改善 重症患者にも負担なく

2005/03/08■体質に応じた予防策を 糖尿病患者、50年で31倍に

2005/02/01■肥満少ない〝歯磨き人間〟 1万人超の実態調査結果

2005/01/25■心臓病の早期発見に期待 微小磁場を測る心磁計 簡単に高精度診断が可能

2005/01/18■動脈硬化を早期に予測 頚動脈の超音波検査

2004/12/21■B型肝炎治療薬を発売

2004/12/14■心臓病のリスクを判定 心筋血流SPECT 著しい画像処理の進歩

2004/12/07■ウィルソン病の薬を支援

2004/11/30■肥満、通学距離に関連

2004/11/22■肥満予防マーク決まる

2004/11/22■COPD新薬を発売へ

2004/11/09■「思ったよりも簡単」 AEDの大規模講習会

2004/11/02■高齢者の降圧目標厳しく 高血圧治療指針を改定

2004/10/26■骨折多発、気を付けて ステロイドの継続服用 骨代謝学会が治療指針

2004/10/26■1日の摂取量目安は? 生活習慣病を防ぐ魚

2004/09/21■降圧薬が糖尿病に関係 大規模試験で鮮明に

2004/09/07■増えるメタボリック症候群 動脈硬化が一段と進行 3つで〝立派な病気〟

2004/08/24■お茶に高血圧予防効果

2004/08/03■魚に心房細動減らす効果

2004/07/20■心臓突然死の遺伝子発見 検査で予測が可能に

2004/06/22■新たな血圧降下剤発売

2004/06/08■生活習慣病のリスク減少 昼食改善だけで短期間に

2004/06/08■重症心不全に新治療法 両室ペーシング 左右の心室を電気刺激

2004/05/11■ぜんそくに新合剤 予防で普通の生活可能に 大規模治験で裏付け

2004/04/20■心臓病死増える糖尿病患者 循環器医と連携不可欠

2004/03/02■男女・年代でかなりの差 新基準値の作成で判明 健診で有効活用可能に

2004/02/03■体質に合わせた減量法 遺伝子調べ、肥満を治療 個別の食事療法が可能に

2004/01/27■良好な状態は3割だけ 糖尿病患者の実態調査

2004/01/20■降圧剤が心臓病に効果 新たな役割に注目集まる

2004/01/06■心筋梗塞を15分で診断 診断キットが普及

2003/12/23■効果1日続くインスリン薬

2003/11/04■COPDに新治療薬 肺機能を持続的に維持 欧州などで発売始まる

2003/11/04■肺炎球菌ワクチン利用を 高齢者の肺炎予防に効果

2003/11/04■看護師らも頭痛を我慢

2003/10/28■女性ホルモンでぜんそくも

2003/10/14■中年襲う心臓死に新概念「ブルガダ症候群」

2003/10/07■注意必要な早朝高血圧 多い脳卒中などの事故 長時間効く降圧薬が効果

2003/09/30■「頭痛外来」増える 強い患者側の要望 慢性頭痛を診察・治療

2003/09/30■一般の使用も可能に 心停止時の除細動器

2003/09/09■心電図も自分で測る時代に 片手で簡単に

2003/07/22■プール熱が流行の勢い 

2003/07/08■注意必要な非飲酒者の肝炎 難しい、脂肪肝との鑑別 肝硬変や肝がんへ進行

2003/06/24■心不全に温熱療法が効果 サウナ浴で症状改善 心身もリラックス

2003/06/10■日本の特殊性浮き彫り 注目の胃かいよう指針

2003/06/03■突然死に結び付くケースも 失神の原因はさまざま 見極めが非常に大事

2003/05/20■血糖値を自分で測ろう 装置小型化、短時間で

2003/04/22■再狭さく防ぐ新ステント

2003/04/15■症状ない頚動脈狭さく  食生活欧米化で急増  全身調べ治療法判断

2003/02/12■血圧の管理が不十分

2003/02/12■せきは続くが軽い症状

2003/02/04■変わる高血圧治療薬  新薬登場3年で25%に

2003/01/06■心筋梗塞のリスクを予知  高感度CRP検査  超早期の治療が可能に

2002/12/24■変わる肥満治療 目標は体重の5~10%減

2002/12/10■進歩した急性膵炎の治療 よく飲む人は要注意

2002/11/19■片頭痛の8割以上が改善 新治療薬が次々登場

2002/10/22■食後高血糖は早期治療で  大規模臨床試験で判明

2002/10/08■鎮痛剤なども原因に 急性の大腸炎

2002/10/01■社会復帰が容易な腹膜透析 新しい透析液も登場

2002/10/01■透析後の低血圧に効果

2002/09/17■吸入インスリンの治験進む

2002/08/13■片頭痛患者の80%が改善

2002/07/30■点灯が糖尿の失明防ぐ

2002/07/30■合併症の予後ぴたり 糖尿病リスク予測ソフト

2002/07/23■入浴や食後も注意 起立性低血圧

2002/07/16■長時間作用のぜんそく薬

2002/07/02■食酢で降圧って本当? 毎日15ml摂取で効果確認

2002/04/02■心機能改善ホルモン、グリレン

2002/03/12■劇症肝炎を100%救命 早い予知が決め手

2002/03/05■旅行者血栓症に効果

2002/02/19■内臓脂肪を減らそう 隠れ肥満は諸悪の根源

2002/02/19■できるか腎臓病新薬 異常事態の人工透析

2002/02/12■遺伝子治療が明確な効果 慢性疾患で大阪大