009/07/07 ■高額療養費の情報サイト

009/05/26 ■薬害の仕組みを確認

009/05/19 ■ナースオブザイヤー決定

009/05/12 ■特別編集 活況 医師開業支援ビジネス 「患者目線の医療が必要」 

009/05/12 ■特別編集 銀行との交渉、土地探し… 

009/05/12 ■特別編集 開業医は増加の一途 

009/05/12 ■特別編集 問われる医療倫理の意識

009/03/31 ■間質性肺炎悪化で1人死亡

009/03/31 ■定額給付金をたばこ対策に

009/03/17 ■医師のネット暴走に警鐘

009/03/10 ■特別編集 もっと自律的に活動したい 

009/03/10 ■特別編集 各国で医療業務を分担 

009/03/10 ■特別編集 日本でも養成広がる 

009/03/10 ■特別編集 ベテラン看護師に任せて 聖路加国際病院の日野原重明理事長 

009/03/10 ■特別編集 看護師養成 

009/02/24 ■途上国妊婦への援助維持を WHOのイスラム部長 

009/02/10 ■特別編集 国際化目指すアジアの病院 急増、海渡る患者たち

009/02/10 ■特別編集 国際化目指すアジアの病院 安心できると日本人利用者

009/02/10 ■特別編集 国際化目指すアジアの病院 目標は「世界の医療拠点」

009/02/10 ■特別編集 国際化目指すアジアの病院 メディカル・ツーリズム

009/01/13 ■1割弱は定職持たず?

009/01/06 ■高額療養費制度を解説

008/12/02 ■取り違え防止に患者も協力 事故情報、共有システムを

008/11/11 ■特別編集 禁煙治療 ニコチンパッチや錠剤で 増える選択肢、再挑戦も

008/11/11 ■特別編集 禁煙治療 遅れた日本の規制 98年にはがん死トップに

008/11/11 ■特別編集 禁煙に導くたばこ税 増収の予想では論争も

008/11/11 ■特別編集 禁煙治療 治療成功に周囲の支援を 禁煙学会の作田学理事長

008/11/11 ■特別編集 禁煙治療

008/11/04 ■出産事故に補償制度創設 過失なくても3千万円

008/10/21 ■広がる遺体の画像診断 CTで撮影し死因を究明

008/09/30 ■自殺者の遺族の思い

2008/09/09 ■東大が医療倫理の集中講座 現場の人材不足に対応

2008/08/26 ■「ほのぼの研」NPOに

2008/07/22 ■視覚障害の指圧師ら悲鳴 リラクセーション店急増で

2008/06/03 ■ニコチン依存、自覚は60% 喫煙者9千人に全国調査

2008/05/07 ■女性医師の復帰を支援 「交渉役」にセンター設置

2008/04/30 ■臓器提供の選択肢を提示 死避けられない患者家族に

2008/04/15 ■特別編集 医療事故調 変わる医療事故調査

2008/04/15 ■特別編集 医療事故調 「患者と向き合う医療を」

2008/04/15 ■特別編集 医療事故調 医療訴訟は90年代から倍増

2008/04/15 ■特別編集 医療事故調 医療事故調原案の概要

2008/04/15 ■特別編集 医療事故調

2008/03/25 ■遺伝相談で心の支援 重要性増すカウンセラー

2008/02/19 ■研究倫理の審査に課題 病院、医学施設の委員会

2008/02/12 ■変わる特定検診 腹囲に着目「メタボ健診」

2008/02/12 ■変わる特定検診 医療費5兆円増の試算も

2008/02/12 ■変わる特定検診 動脈硬化で心臓病や脳卒中

2008/02/12 ■変わる特定検診 熱帯びるメタボビジネス

2008/02/12 ■変わる特定検診 特定健診・特定保健指導

2008/01/15 ■医療危機 働きにくい現状、変えたい

2008/01/15 ■医療危機 女性の一生に添う助産師に

2008/01/15 ■医療危機 訴訟や捜査のリスク軽減

2008/01/15 ■医療危機 地域医療の価値を形にして

2008/01/15 ■医療危機 ズーム

2008/01/08 ■透析の中止、縮小相次ぐ 報酬減や医師不足が影響

2007/12/25 ■無料の健康・医療雑誌

2007/11/20 ■災害初期に命救え 支援チームDMATが活動

2007/10/23 ■医療倫理、専門家が助言 「1人で決めないで」

2007/10/09 ■特別編集 医師不足  医師が地方に残る政策を

2007/10/09 ■特別編集  各地の取り組み  効果表れるのはこれから

2007/10/09 ■特別編集  現状と背景  厳しい労働、病院を敬遠

2007/10/09 ■特別編集  国の対策  医学部定員増や医師派遣

2007/10/09 ■特別編集  緊急医師派遣制度

2007/8/28 ■海外旅行で禁煙挑戦57%

2007/8/28 ■くすりの絵文字に外国語版

2007/7/10 ■世界の患者、一致団結を

2007/6/19 ■離島診療担う医師育成 長崎大に現地実習の講座

2007/6/5 ■医療機器もリサイクル 1割安く環境に優しい

2007/5/15 ■570平方メートルの院内保育所 女性医師や看護師確保で

2007/5/1 ■診療能力高める仕組みを 無過失補償制度

2007/4/24 ■尊厳死協会員9千人増 06年度、呼吸器外しで関心

2007/4/24 ■「看護師は内診拒否を

2007/4/3 ■全学部対象に終末医療講義

2007/4/3 ■健康都市化プロジェクト WHO神戸センターが実施

2007/3/27 ■説明・同意充実で苦情減少

2007/3/28 ■3専門医広告可能に

2007/2/22 ■臨床道化師オーディション

2007/2/19 ■医療事故の公表基準決定

2007/2/7 ■子供でもメタボリック

2007/1/30 ■液体バリアーで癒着防止

2007/1/16 ■国連が糖尿病撲滅を決議

2007/1/16 ■禁煙成功は4人に1人

2007/1/9 ■たばこの煙の基準見直しを

2006/12/13■海外旅行に潜む感染症

2006/11/29■ベルツ賞に木下茂教授ら

2006/11/21■心血管死亡率、世界下回る

2006/10/31■ エイズ対策、より貢献を

2006/10/18■ 統合医療の人材育成  NPO法人が塾開設

2006/10/18■喫煙、菓子やめられない

2006/10/10■電子カルテ88%が利点あり

2006/10/03■東大病院が検診部開設

2006/09/26■軽い有酸素運動、週に3回 インスリンの働きを改善

2006/09/26■全社員に救命講習を推奨

2006/08/29■勃起障害、喫煙で高リスク

2006/08/29■東海大が抗加齢ドック

2006/08/08■ぜんそく患者は生活に制約

2006/07/04■ 喫煙は骨を弱くする

2006/05/23■ 患者らに専門的な支援 医療コーディネーター

2006/05/02■ 静岡で電子カルテ標準化 どの病院でも利用可能 県が自主開発、全国普及も


2006/02/07■ドクターヘリの充実を 東京で国際シンポ

2006/02/07■アンチエイジングの専門医

2005/11/29■医療界も構造改革を

2005/11/22■先端医療研究を患者が支援 研究費難に募金活動開始 決め手欠く肉腫治療で

2005/11/15■酸素療法のボンベは安全

2005/11/08■「医師に相談」は5%のみ


2005/11/01■下敷きで喫煙の害を教育

2005/10/25■50代から高まる骨への関心

2005/09/20■情報交換で医療の向上を 医師がネットワーク作成

2005/09/13■社会生活で多くの困難 関節リウマチ患者調査

2005/09/13■やはりたばこは悪役

2005/09/06■重要性増す男女差の認識 治療、予防に反映を


2005/08/23■統合医療実現に民間団体

2005/08/16■視覚障害者向けに薬情報 

2005/07/12■副甲状腺異常に先進医療

2005/07/05■専門医不在で病院を転々「HAM」で初の実態調査

2005/06/28■患者の声反映し病院審査 不妊治療で初の試み

2005/06/28■脱たばこでホームページ


2005/05/31■活発なアジアの新薬開発 日本の治験空洞化よそに増える国際共同治験

2005/05/31■実態不明の処方薬服用率 治療に影響、医療費増も

2005/05/23■多発性硬化症でエッセー賞

2005/05/09■遠隔医療、普及に足踏み 地方病院に重い財政負担 診療報酬も多くは枠外

2005/03/29■情報共有で院内感染防止を 最新機器で検査も迅速化 入院日数短縮も期待

2005/02/01■入院拒否など深刻な影響 MRSA対策で混乱 都内の病院調査で判明

2005/01/11■「治験を身近なものに」 日医の寺岡センター長

2004/12/21■回診で患者をチェック 栄養サポートチーム 病院に不可欠の存在に

2004/11/09■健康食品の検証に倫理委

2004/08/03 ■医師の説明が満足度を左右 患者の主体性も重要

2004/05/25 ■正確な医療情報伝えたい 50人委がフォーラム開く

2004/04/05 ■前向きの姿、小3に示す ALS患者の舩後さん 意志伝達装置が活躍

2004/02/17 ■脳死後、家族の選択多様に 移植目的でなくても判定

2004/01/13 ■臍帯血、3割生かされず

2003/12/09 ■東京の救急出動は福井の倍

2003/12/09 ■リハビリの転院先確保に難

2003/11/11 ■終末期の輸液は個別に

2003/10/21 ■遺伝子検査にガイドライン 公的審査機関の設置求める

2003/09/16 ■地域で電子カルテを共有 異なるタイプも接続可能

2003/08/26 ■看護に求める声聞かせて

2003/04/15 ■11の専門医が広告可能に

2003/04/08 ■ベストドクターズ社が進出

2003/04/01 ■治験ネットに新情報

2003/03/04 ■医師の性善説貫きたい 川崎病院の鈴木厚医師

2003/02/18 ■手強い菌、簡単に検出

2003/01/28 ■手軽に超音波診断が可能に

2002/12/24 ■ネット上に禁煙支援クリニック

2002/10/29 ■6つの専門医が広告可能に

2002/ 9/03 ■生命科学に期待と懸念

2002/ 8/06 ■ネット上の個人情報を保護 医療サイト調べて認証

2002/ 7/09 ■ネットの医療情報で検討会

2002/ 5/28 ■「お見舞いメール」好評 入院中の方にどうぞ

2002/ 4/09 ■医療事故防止に援軍 二重チェックで威力

2002/ 3/19 ■再生医療に向け特許出願

2002/ 1/20 ■遺伝子ドーピング間近

2002/ 1/20 ■病院の透明度アップ クリニカルパス導入で