2009/06/02 ■補助人工心臓で治験進む 埋め込み型、東大などで

2009/05/05 ■関節の破壊ゼロ目指し研究 リウマチで全国8大学

2009/04/21 ■蛍光色素で安全に胆石治療 腹腔鏡手術に新手法

2009/04/07 ■83%が人工関節に満足

2008/09/02 ■サイバーナイフの適応

2008/08/26 ■顔の人工骨移植、本格開始 オーダーメードで欠点解

2008/06/24 ■外科医の胸の内つづる

2008/02/26 ■腹部大動脈瘤を血管内治療 国内でもステントグラフト

2007/11/20 ■ひざの痛み中高年の63%に

2007/8/21 ■骨髄細胞と表皮で切断回避 手足の難治性かいよう治療

2007/8/13 ■背骨にセメント、痛み緩和 針で注入し骨折部固定

2007/7/24 ■緊急大量出血の対応に指針

2007/6/5 ■縫合せずに半月板治療 ひざ固定し自然修復

2007/5/29 ■「おなかの口」作り簡便に 胃に直接栄養補給   

2007/3/6 ■無菌ウジで壊疽治療 日本医大や岡山大などで実施   

2007/2/28 ■骨髄移植8千例超す   

2007/1/9 ■脊髄損傷の後遺症体験談  

2006/12/13■超音波で骨折治療   治癒までの期間40%短縮、 効果実証、仕組み研究中  

2006/10/17■進化するペースメーカー  左右の心室、同時に刺激  

2006/09/19■4種類の肥満治療を開始  

2006/09/05■次世代人工心臓実用化へ  東京女子医大など開発 
 
2006/08/29■ひざ靱帯手術にナビ技術 東大、移植精度高める 
2006/08/15■筋肉切らない人工関節手術 QOL向上を目指し
2006/08/08■エタノール入れ心筋を壊死 閉塞性肥大型心筋症の治療 2006/08/01■ 再生助ける人工骨治療 骨盤の切削転用を避ける 2006/07/25■ひざに痛みや違和感56%  2006/07/18■MRIで狙いレーザー照射 椎間板ヘルニア治療 エックス線より安全、有効 2006/05/30■再生医療で軟骨損傷治療 スポーツや事故の外傷に 広島大整形外科で開発 2006/05/23■以外に多い脚のむくみ 弾性ストッキングが効果 2006/05/16■内視鏡手術の欠点を改良 腹膜をつり上げ安全に 合併症発生を大幅減 2005/11/01■5センチの切開で腎臓も摘出 泌尿器でも体に優しい手術 ミニマム創内視鏡下手術 2005/09/06■新時代の人工股関節手術 ナビ導入で簡単、正確に 重症患者に福音 2005/07/19■新しい経管経腸栄養法 食道からチューブを挿入 合併症の危険も低下 2005/07/12■初の人工心臓、販売認めず 2005/07/05■小腸の内視鏡検査が可能に 二重構造とバルーンが鍵 日本で開発、世界に普及 2005/06/28■病的肥満に腹腔鏡手術 胃の縮小で大幅減量 合併症や生活の質改善 2005/06/21■血管新生因子で大きな成果 心臓手術や血管障害治療 bFGFで京大グループ 2005/06/07■椎間板を加熱し腰痛治療 負担小さく7割に効果 2005/05/31■生体肝移植が高い成功率 2005/04/05■見直される心臓縮小手術 改良重ね治療成績向上 日本発の技術、世界へ 2004/12/07■再狭窄防ぐ新ステント登場 血管内に溶け出す薬剤 急速に普及しそう 2004/10/19■難治性かいようウジで治療 近代医療しのぐ効果 治癒を促進し殺菌効果も 2004/10/19■最新の人工ひざ関節手術 医療チーム結成し挑戦 2004/10/12■血圧低下を秒単位で回復 バイオニック医療の新装置 高知大、最先端を走る 2004/10/05■薬剤溶出ステント解禁 2004/09/28■強い縫合で早期回復も アキレス腱の断裂 目立つ30―40代 2004/09/21■下肢静脈瘤を日帰り手術 麻酔法の工夫で可能に 欧米ではレーザー治療も 2004/09/14■骨折の予防が不可欠 高齢者の寝たきり防止に 転倒事故が引き金 2004/09/14■骨髄移植を迅速実施へ 2004/08/10■複数の臍帯血を移植 〝相乗効果〟を期待 国内で11例実施 2004/07/27■多汗症を内視鏡で治療 人前に出にくい悩み 胸部交感神経を切除 2004/07/06■加齢で増える鼠径ヘルニア 日帰り手術が主流に 筋膜弱り腸が飛び出す 2004/05/04■内視鏡で腰痛治療 組織の癒着はがす 体への負担小さく 2004/04/20■小さな胃つくって減量 重度肥満を手術で治療 生活習慣病も改善 2004/04/05■QOL向上に早い対策を 増える変形性膝関節症 2004/03/30■移植受けるため症状誇張 2004/03/09■日本人向けの人工股関節 正座する生活にも対応 2003/11/18■救命率向上へ実務研修 救急現場の医師を対象に 搬送直後の治療がカギ 2003/09/23■骨髄細胞移植で狭心症治療 2003/09/09■手術翌日から歩行訓練も 新しい人工股関節手術 患者に優しく早期退院 2003/08/26■患者の骨と同構造の人工骨 2003/07/01■ミスの分野に偏り 2003/05/27■国内でも埋め込み型人工心臓 移植までのつなぎに活躍 装置小型化で外出可能に 2003/05/20■小さな切開で心臓手術 ポートアクセス法 傷小さく女性に好評 2003/05/13■心臓人工弁で臨床試験 日本人のデータが不可欠専門学会 2003/05/06■提供者の安全確保に注目 生体肝移植で専門学会 2003/04/29■人工ひざ手術の支援ロボ 2003/04/08■神経系の病気にも有効 国内で5万例超す実績 ガンマナイフ 2003/04/01■重要な「末しょう保護」 心筋梗塞などの治療後 2003/02/25■脳卒中に効果ありそう 免疫抑制剤に大きな期待 2003/02/18■第一発見者の協力が不可欠 急性心筋梗塞の救命に 利用したい除細動器  2003/02/18■膵臓がん半分に縮小も 東大病院の「ミニ移植」  2003/01/28■保護具で股関節骨折40%減  2002/12/17■関節手術に”助っ人” ロボットで成績向上 医師に代わり精密作業  2002/12/10■有効性高い血管内治療 脳動脈瘤の1年後試験  2002/10/29■幹細胞移植で血管を再生 閉塞性動脈硬化症に効果 2002/10/22■3年ぶりに指が動いた 神経再生で次々成果 2002/10/15■心臓検査などが簡単に 最新鋭のX線CT 2002/10/08■心臓の血管を煙突掃除 第2世代が登場し活躍 2002/ 9/10■「湿潤に」がポイント けがや擦り傷の手当て 2002/ 8/27■進化する冠動脈バイパス 人工心肺なしで手術 QOLの向上が可能に 2002/ 8/27■末しょう血もバンク化検討 提供者の安全確保に課題 2002/ 6/25■正しい情報と圧力ない決断 生体肝移植に不可欠 2002/ 5/14■急性拒絶のリスク低減 2002/ 4/16■バンクの骨髄移植4千例に 2002/ 2/26■驚くほど伸びる骨 イリザロフ法が威力 2002/ 2/12■心臓外科医の成績公表へ 2002/ 1/27■半数以上生かされず 移植ネットまとめ 2002/ 1/27■技術より人格を評価 大学病院の外科医