47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  精神疾患当事者が語る回復
医療新世紀
短信
2017.10.03

精神疾患当事者が語る回復

 統合失調症、うつ病、双極性障害、摂食障害、依存症―。さまざまな精神疾患などの当事者が、困難な症状や問題とどう折り合いをつけ、現在に至ったかの体験記を集めた「私はこうしてサバイバルした」が発売された。

 3章構成。最初の「私のサバイバル」には当事者9人が経験を寄せる。次の「当事者と援助者のあいだで」は、困難な当事者体験を経た後、現在は援助する側に身を置く5人の物語。最終章「新しい支援を求めて」では、当事者の視点から出発する望ましい支援の在り方を展望する。

 日本評論社「こころの科学」メンタル系サバイバルシリーズ。1404円。