47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  聞きたい薬情報と説明に差
医療新世紀
薬情報
薬情報関連のニュースがご覧頂けます。
2016.12.20

聞きたい薬情報と説明に差

 医師から処方される薬について一般市民が入手したい情報と、医師や薬剤師から実際に説明される内容には、ずれがあることが日本製薬工業協会の調査で分かった。今年6月にインターネットで実施、20歳以上の男女2千人の回答を分析した。

 市民が聞きたい情報(複数回答)は多い方から、薬の副作用(53%)、効能・効果(50%)、種類・成分・特長(42%)、薬の飲み合わせの注意(41%)などだった。

 一方、回答者が実際に説明を受けたのは薬の服用方法(77%)、効能・効果(75%)、種類・成分・特長(71%)が多く、薬の副作用は31%、薬の飲み合わせの注意は20%にとどまっていた。