47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  納豆で遅発性アレルギーなぜか多い海との接点
医療新世紀
からだ・こころナビ
2016.05.24

納豆で遅発性アレルギー
なぜか多い海との接点

 伝統的な発酵食品の納豆は、食べて半日もたってから全身に症状が出る、珍しいアレルギーを起こすことがある。これを研究する横浜市立大の猪又直子准教授(皮膚科)は「数は少ないが症状は重い傾向がある。突然原因不明のアレルギー症状が出たら、納豆も疑って」と話している。

160524navi.gif
 猪又さんによると、納豆アレルギーの原因(アレルゲン)は「ポリグルタミン酸」(PGA)と呼ばれるネバネバの主成分であると分かっている。PGAは粘りやしっとり感を増すなどの有用な性質が注目され、食品や化粧品などにも添加されている。

 食物アレルギーは通常、食べて2時間以内に症状が出るが、納豆での発症は5~14時間後と遅発性だ。PGAは大きな分子で、腸内での分解に時間がかかるためらしい。

 症状は、呼吸困難やじんましんなど「アナフィラキシー」と呼ばれる全身性のものが多い。「夕食に取ると、深夜や早朝に症状が出ることになる。重い場合は危険」と猪又さんは注意を促す。対策は、納豆をはじめPGAを避けることだ。

 何らかのきっかけで体がPGAに過剰に反応するようになり、発症するわけだが、きっかけは完全には解明されていない。しかし猪又さんらは、なぜか患者に多い、海との接点に注目している。

 横浜市立大で詳しく分析できた患者17人のうち、14人(82%)はサーフィンやダイビングなど海のスポーツの愛好者。その上、患者の1人は中華クラゲを食べてアレルギーを起こした。クラゲの体内にもPGAがあることから、猪又さんは「海でクラゲに刺されたことが原因になった可能性は否定できない。ただ、現時点ではあくまで仮説」とし、さらに患者の調査を進めている。