47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  認知症リスクに地域格差
医療新世紀
女性・老年
女性・老年関連のニュースがご覧頂けます。
2016.02.09

認知症リスクに地域格差

 認知症になるリスクが高い高齢者の割合を市町村間で比べると約3倍の格差があったと、平成医療短大(岐阜市)の加藤清人教授らが発表した。

 加藤さんらは、認知症の初期に買い物などの活動能力(IADL)が落ちることに注目。(1)外出(2)買い物(3)食事の用意―など5項目ができるかどうかを点数化して認知症リスクの指標とし、日本老年学的評価研究 プロジェクトで集めた、要介護認定を受けていない全国53市町村の約8万8千人のデータを分析した。

 前期高齢者(65~74歳)でIADL低下者の割合を比べると、最多の自治体は23・2%で最少(7・9%)の約3倍。低下者は郊外や農村に多く都市部は少なかった。