47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  糖尿病なら眼科受診を
医療新世紀
眼科
眼科関連のニュースがご覧頂けます。
2015.05.19

糖尿病なら眼科受診を

 国内では糖尿病の三大合併症の一つ「糖尿病網膜症」で失明する人が年間約3千人に上る。この眼疾患はかなり進行するまで視力への影響が出にくいため、糖尿病と診断されたら早期かつ定期的に眼科を受診することが大切だが、患者の半数近くが重要性を認識していないことがバイエル薬品 などの調査で分かった。
 今年3月、糖尿病で通院治療している20~79歳の男女計千人にインターネットを通じて聞いた。
 少なくとも年1回の眼科受診が必要だと知っていた人は53%止まり。認識の低さを裏付けるように、受診経験が一度もない人が24%もおり、診断から1年以上たって初めて受診した人も37%に達した。