47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  乳児股関節脱臼を見逃すな 診断遅れで治療難航 健診体制の再構築を
医療新世紀
外科
外科関連のニュースがご覧頂けます。
2015.04.21

乳児股関節脱臼を見逃すな
 診断遅れで治療難航
 健診体制の再構築を


 赤ちゃんの脚の付け根の関節が外れてしまう先天性股関節脱臼。国内ではかつて乳児の1~2%にみられたが、1970年代に始まった予防啓発の効果により発生頻度は10分の1程度まで低下した。ところが近年、歩行開始後にようやく診断され、治療に難渋するケースが全国的に増えている。患者の減少で医師や保健師の認識が薄れ、0歳児の健診で見逃されるようになったことが背景にあるという。
 ▽調査で裏付け
 「予想以上に診断の遅れが増えている。あぜんとしました」。日本小児整形外科学会 による先天性股関節脱臼の実態調査をまとめた、あいち小児保健医療総合センター (愛知県)の服部義センター長は驚きを隠さない。20150421kao2.jpg
 10年ほど前から、各地の小児整形外科医から診断遅れの症例が多いとの指摘が相次いでいた。学会は2013年、実態を探るため全国の大学病院や小児病院、小児療育施設など1987施設にアンケートを実施し、782施設から回答を得た。
 それによると、11年4月~13年3月の2年間に股関節脱臼と診断された子どもは1295人で、うち199人(15・4%)が1歳以降に診断されていた。さらにこのうちの36人は、何と3歳以上での診断だった。
 注目すべきは、1歳以降に診断された199人の大半が公的乳児健診を受けていたにもかかわらず、異常発見に至らなかったことだ。「健診での見逃しが裏付けられました」と服部さんは話す。20150421honki.jpg
 ▽後天的要因
 この病気は「先天性」と言いながら、実は出生時に脱臼していることは少ない。脱臼の準備状態で生まれたところに、おむつの当て方や抱き方、向き癖などの後天的要因が加わって起きる。患者は女の子が男の子の5~9倍と圧倒的に多い。
 現在の発生率は千人に1~3人。予防啓発の効果に加え、女性の体格向上で胎内のスペースが広くなったことや、妊婦が腹帯をきつく巻いて重労働を強いられるような社会環境でなくなったことが発生率低下につながったと考えられている。
 生後3~4カ月の乳児健診で見つかれば、ほとんどが「リーメンビューゲル」というベルト状の装具を3カ月程度装着して外来通院で治せる。しかし、発見が遅れると脱臼したまま骨の成長が進んでしまうため、治療はどんどん難しくなる。
 1歳を過ぎると入院して脚を引っ張る「けん引」という治療が必要になり、それでもだめなら手術が避けられない。放置すれば将来、痛みや日常動作の制限が生じる変形性股関節症に進行する恐れがある。
20150421honki.gif ▽簡便にチェック
 それだけに早期発見が重要だが、現状は学会調査の通りだ。「患者数が激減し、医師や保健師が日常的に扱う病気ではなくなりました。診たことがないから知識もない。少子化で乳児健診の予算を削る自治体もあり、健診体制自体が脆弱化しています」と信濃医療福祉センター (長野県)の朝貝芳美所長は指摘する。20150421kao1.jpg
 危機感から朝貝さんらは健診用のチェック表を作成、関係学会を通じて普及に乗り出した。①股関節の開き具合②太ももや鼠径部のしわが左右の脚で対称か③家族歴④女の子か⑤逆子で生まれたか―の5項目で簡便に判定できる内容で、脱臼の疑いがあれば、さらに詳しい検査が勧められる。
 また「脚を締め付けるおむつや洋服は避ける」「両脚をM字型に開いて正面から抱く『コアラ抱っこ』をする」といった予防法を親に周知するため、パンフレットの配布にも取り組んでいる。
 「数は減っても決して過去の病気ではありません。予防法の徹底と健診体制の再構築が必要です」と朝貝さんは話している。(共同通信 赤坂達也)