47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  腸の難病にふん便移植腸内細菌の乱れを是正国内2大学が臨床研究
医療新世紀
今週のニュース
2015.02.10

腸の難病にふん便移植
腸内細菌の乱れを是正
国内2大学が臨床研究

 大腸の粘膜に慢性的な炎症や潰瘍が生じる難病「潰瘍性大腸炎」などの患者に、健康な人の便を移植する臨床研究を慶応大と順天堂大が進めている。大腸にはたくさんの細菌がすんでいるが、患者ではその種類や数が少なく、腸内細菌のバランスの乱れが発症に関与するとみられている。便は細菌の宝庫。健康な人の便を大腸に移植することでバランスが正常化し、症状が改善する可能性があるという。
20150210honki1.jpg
 ▽高い治癒率
 大腸にすみついている細菌は500~千種類、500兆~1千兆個ともいわれる。だが、繊維質が少なく脂肪分の多い食事や運動不足、抗菌薬の多用、ストレスなどの影響で細菌群の構成バランスが崩れると、炎症性の腸の病気やアレルギー、肥満、メタボリック症候群、糖尿病など、さまざまな病気につながることが指摘されている。
 ならば、健康な人の腸内細菌を患者の腸に移植してあげれば効果があるのではないか。そんな発想で生まれたのがこの治療法だ。「ふん便移植」とか「ふん便微生物移植」と呼ばれ、欧米を中心に研究が進んできた。
 一躍注目されたのは、2013年にオランダの研究チームが発表した論文がきっかけ。院内感染の下痢の原因として知られる「クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)」の中でも極めて治療が難しい再発患者を対象に、従来の抗菌薬治療とふん便移植の効果を比較したところ、抗菌薬では治癒率が20~30%だったのに対し、ふん便移植は80~90%にも達したという内容だった。
20150210honki2.jpg
 ▽まず安全性
 これを機に国内の臨床研究も動き始めた。昨年3月、慶応大病院 は潰瘍性大腸炎の40代男性に1例目の移植を実施した。
 臨床研究ではまず、配偶者か2親等以内の家族に便を提供してもらう。これを生理食塩水と混ぜ合わせ、食物繊維のかすなどを取り除くためフィルターでろ過する。処理した液体を、内視鏡を使って大腸内に注入する。
 計画では、潰瘍性大腸炎のほか過敏性腸症候群、腸管ベーチェット病、再発性CDIを対象疾患とし、計45人の患者に移植を行う。
20150210kao1.jpg
 金井隆典・消化器内科教授は「効果より安全性の確認が重要と考えている。2~3年間かけて慎重に進めたい」と話す。
 一方、順天堂大病院 も昨年7月に最初の移植を実施した。
こちらは潰瘍性大腸炎のみを対象とし30人に移植する計画だ。提供者の条件や移植の方法は慶応大とほぼ同じだが、患者がふん便移植単独と、3種類の抗菌薬を2週間内服してから移植する方法のどちらかを選べる点に特徴がある。
 ▽抵抗感の壁
 責任者の石川大・消化器内科助教は「抗菌薬投与で腸内環境を一度"リセット"した方が、移植した細菌が定着しやすいと考えた」と解説する。
20150210kao2.jpg
 既に20人近くに移植を実施。「潰瘍性大腸炎は良くなったり悪くなったりを繰り返すため長期の経過観察が必要だが、今のところ多くの 患者さんが症状改善を実感している」と石川助教は話す。
 両大学とも移植による感染を防ぐため、提供者の健康状態や、便に含まれる有害な細菌、ウイルス、寄生虫を厳しくチェックしている。
 現在のところ、ふん便移植の効果が科学的に証明されているのはCDIに対してのみ。また、他の人の便を体に入れることにはどうしても抵抗感が伴う。通常の医療として広く行われるようになるかどうかは見通せない。一方で、従来の方法では治せなかった患者を救う画期的治療法になる可能性もあり、今後の両大学の研究成果が注目される。(共同通信 赤坂達也)