47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  青色光対策製品に認証制度
医療新世紀
眼科
眼科関連のニュースがご覧頂けます。
2014.02.18

青色光対策製品に認証制度


 パソコンの液晶画面などから出る青色光への対策をうたった製品が急増しているが、こうした製品が本当に消費者の健康を考えて開発されているか、評価・認証する制度を眼科医らで組織する「ブルーライト研究会 」(世話人代表・坪田一男慶応大教授)が創設した。試験運用の後、来年春から本格運用を始める。
 研究会によると、対策製品はパソコン周辺機器や照明機器、眼鏡、目薬など、多くの分野で発売されている。しかし、十分な機能検証を経ずに開発された製品が流通すると、消費者の不利益につながる恐れがある。
 今回の制度では、研究会の委託を受けた第三者機関が企業を審査し、認証された企業は対象製品に認証取得を明記する。