47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  側彎の重症化予測に期待
医療新世紀
外科
外科関連のニュースがご覧頂けます。
2013.11.12

側彎の重症化予測に期待


 10歳以降に背骨が横に大きく曲がる「思春期特発性側彎症」の重症化予測に使える可能性があるDNA配列を、理化学研究所 と慶応大のチームが見つけた。重症化するかどうかが早い段階で分かれば、適切な治療法の選択に役立つ。
 チームは、背骨の曲がり角度が40度以上で手術が必要な重症患者約800人について、全遺伝情報(ゲノム)に含まれるDNA配列のわずかな違いを一般人約1万1千人と比較、重症患者に多い特徴的な配列を見つけた。
 この配列は骨の病気と関連することが分かっている2種類の遺伝子の近くにあったことから、これらの遺伝子の機能を調節する役割を担っている可能性があるという。