47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀 >  同居すると常在菌も似る?人と犬でも、米大が調査
医療新世紀
からだ・こころナビ
2013.05.21

同居すると常在菌も似る?
人と犬でも、米大が調査

20130521navi.jpg生活を共にする飼い主と飼い犬は、体にすみつく細菌も似てくる可能性がある。米コロラド大ボルダー校のチームが米国のさまざまな家族について、飼い犬も含めて皮膚や体内の細菌を調査し、そんな結論に達した。
 人間の体の中や表面には「常在菌」と呼ばれる細菌がすみついていて、その数は100兆個にも上る。常在菌のバランスの崩れは多くの病気に関係すると分かっており、近年、研究が盛んに行われている。これまでに、血のつながった家族では腸内の常在菌の内容も似ていることなどが明らかになっている。
 チームは今回それをさらに進め、人間以外のペットや、腸以外の菌ではどうなのか調べた。
 対象とした60組のカップル(26~87歳)の家族構成は、8組は子どもがいて犬も飼い、17組は子どもだけ、別の17組は犬だけ、残り18組は子どもも犬もいなかった。
 人間(計159人)は額、左右の手のひら、舌、便から細菌を採取。犬(計36匹)も同様に採取したが、手のひらの代わりに4本の足の肉球をこすって細菌を採った。
 細菌は、遺伝子を調べて似ているかどうかを評価した。その結果、同居するカップル、親子の間では細菌の分布が似ており、中でも皮膚にいる細菌の類似性が高かった。飼い犬についても、額と肉球の細菌はカップルの皮膚にいる細菌と類似性が高いことが分かった。
 皮膚は外界に直接触れるため、犬との頻繁な接触によって細菌の分布にも影響が出たことが考えられるというが、チームの代表は結果について「ペットとのつながりがこれほど強いとは驚きだ」とコメントしている。