47NEWS >  共同ニュース >  医療・健康  >  医療新世紀
医療新世紀

動かして知る関節の状態
リウマチ体操の勧め
患者自身が病状把握を

関節リウマチ,リウマチ体操,滑膜,メトトレキサート,MTX,日本リウマチ学会,生物学的製剤,名古屋大医学部整形外科・リウマチ科,小嶋俊久
 関節が炎症で腫れてこわばり、悪化すると変形したままになる関節リウマチは、薬による治療が進歩して症状の改善が見込めるようになった。専門医は、薬をきちんと飲むほかに、意識して手足を動かして関節の動きと状態の変化を確かめる「リウマチ体操」を勧めている。筋力がつき、動かせる範囲を維持できるほか、患者自身が病状を把握することで治療の方針や目標を決めるときに役立つという。 [記事全文]

飲酒と依存症正しく知って
研究班が市民向け解説

 飲酒とアルコール依存症の正しい知識を身に付けてほしいと、厚生労働省研究班が一般向けの解説冊子「市民のためのお酒とアルコール依存症を理解するためのガイドライン」を作成した。 [記事全文]
短信

腸に優しい食事療法のこつ

 腸の粘膜に原因不明の炎症が起き、下痢や腹痛などの症状が出るクローン病と潰瘍性大腸炎。その患者のため... [記事全文]
短信のライン

「とても困る」切迫尿失禁

 切迫した尿意や頻尿が主症状の「過活動膀胱」(OAB)の女性患者の多くが、尿意と同時か直後に尿を漏ら... [記事全文]
短信のフット部分