47NEWS >  47特集 >  ママパパ繁盛記 >  子育てさがし >  ベビマ講師の青木博美さん

子育てさがし 共同通信がママ・パパ・家族をつづった子育て物語です。

ベビマ講師の青木博美さん

パパにもお勧めベビーマッサージ わが子の「今」を見つめて

47honbun-aoki.jpg
 ベビーマッサージ講師の青木博美さん

 東京都文京区を中心に活動するベビーマッサージ講師の青木博美さん(41)。肌と肌の触れ合いが子どもの心と体に与える効果を知ってもらおうと、最近は、障害を抱える親子やパパ向けの教室も開く。自身も軽い知的障害を持つ子の母。「Step by Step(ステップ・バイ・ステップ)」という教室名の通り「一歩ずつ成長するわが子の『今』を見るきっかけにしてほしい」と話している。

 ▽パパの手で
 父の日の日曜日、東京都大田区で開かれたベビーマッサージ講座。参加したのは、2カ月から5カ月までの赤ちゃんを連れた父親たちだ。
 「ベビーマッサージはママのものというイメージがあるかもしれないですが、短い時間で、赤ちゃんと濃密なコミュニケーションを取れるので、実は、子どもとの時間が持ちにくいお父さんにこそお勧め。最近は、こうしたパパ向け講座にも力を入れているんです」

47honbun2-aokih.jpg
  講師を務めた東京都大田区主催の父親向け講座。18組の定員を大幅に上回る申し込みがあったという。=6月19日、大田区のエセナおおた

 参加者の自己紹介では「妻が勝手に申し込んで…」という消極的な参加動機も目立ったが、わが子の顔をのぞき込みながら、小さな太ももや足の裏をマッサージする表情は真剣そのもの。中には、気持ち良くなったのか、眠ってしまう赤ちゃんも。
 「皮膚への刺激は、脳の発達を促し、免疫力を高める効果もあると言われています。でも、子どもにとって何より大事なのは、愛情いっぱいの手で触ってもらうこと。顔を見ながら全身に触るので、体調の変化や小さな成長に気づいてあげることもできます」

 ▽赤ちゃんだけじゃない
 ベビーマッサージに興味を持ったのは、長女ほのみちゃん(7つ)の妊娠中に読んだ情報誌がきっかけだった。しかし、ほのみちゃんは生後1カ月でてんかんを発症。度重なる発作におびえながら、病院に通う日々が続いた。
 「時間的にも精神的にも余裕がなく、マッサージどころじゃありませんでした。ようやく生活が落ち着いたのは娘が3歳になったころ。発作はおさまりましたが、発達に遅れがみられたので療育施設に通うことになり、週に何日か、娘だけが施設に行く日ができました。久しぶりにできた自分の時間、思い出したのがベビーマッサージでした」

 講師の資格が取得できるNPO法人の講座があることを知り、受講を決めた。
「学んでみて、ベビーマッサージは赤ちゃんだけのものじゃないと知りました。実際に娘にやってみると、思った以上に喜ぶんです。7歳になった今も、わが家では毎日寝る前の習慣。学校であったことを話したり、体調を確認したり―。日中忙しかった日などは、子育ての『帳尻合わせ』をする時間にもなっています」

 ▽小さな一歩大切に
 約半年かけて講師の資格を取得し、自宅近くの公民館などで教室を開くようになった。集まってくる母親たちに、かつての自分を重ね合わせることもあるという。
 「教室に来るのは主に0歳代の赤ちゃんですが、娘の0歳代のことは、無我夢中で、ほとんど覚えていないんです。お母さんたちには、反省を込めて、赤ちゃんの『今』を見てあげてくださいと言っています。今のわが子をほんの少し前と比べると、必ず成長していることがわかるはず。ついほかの子と比べてしまいがちですが、その子なりの成長に気づいてあげられれば、子育てをする上での自信と余裕にもなるはずです」

 ほのみちゃんは現在、公立小学校の2年生。一部の科目について特別支援学級で指導を受けながら、元気に過ごしている。
 「普通の子が1歩で行くところを娘は5歩かけて行きます。将来のことを考えると、不安もたくさんありますが、歌を覚えたり、おしゃべりが上手になったり、娘なりの小さな1歩を、大事にしていきたい」

 昨年7月には、同じように障害や病気に悩む親子を、ベビーマッサージを通じて元気づけようと、「スモールステップの会」を設立。外出をためらいがちな親子向けの訪問レッスンも行っている。

 ▽青木さんの1日
 06:45 起床
 07:00 朝食
 08:00 娘を学校に送っていく
 08:20 掃除、洗濯など
 10:30 近くの施設で教室スタート
 12:30 教室終了
 13:00 自宅で昼食
 14:00 メールチェック、資料作成など事務作業
 17:30 娘を学童保育までお迎え
 19:00 夕食
 20:00 娘の宿題や絵本、遊びタイム
 20:30 お風呂
 21:00 マッサージしながら寝かしつけ
 21:30 仕事や読書、テレビなど
 23:30 就寝



青木博美(あおき・ひろみ)さんの略歴

 1970年名古屋市生まれ。テレビ局勤務やブライダルコーディネーターを経て、2003年、長女を出産。07年、NPO法人ロイヤルセラピスト協会認定のベビーマッサージセラピストの資格を取得し、自宅のあった東京都杉並区を中心に、教室をスタート。その後、赤ちゃんヨガインストラクターの資格も取得。現在は文京区在住。ブログはhttp://ameblo.jp/stepbabyma


前へ 子育てさがしTOPへ
赤ちゃん

この記事の感想をお寄せください。
あて先は共同通信社デジタル編集部 kids@kyodonews.jpまで。
いただいた感想は紹介させていただく場合があります。