47NEWS >  47特集 > まどかと巡る世界将棋紀行 > ドイツのカールスルーエ将棋クラブ

ドイツのカールスルーエ将棋クラブ

「ねこまど将棋教室」で交流会の参加者と 「ねこまど将棋教室」で交流会の参加者と

 ボードゲームが盛んなドイツでは、将棋にも関心のある方が以前から多く、各地に将棋クラブが存在しています。将棋プレーヤーの大半はチェスからの転向組で、これまで伺った幾つかの場所ではチェスクラブを会場として活動していました。

 2012年の5月、私はフランス国境に近い、ドイツ南西部のカールスルーエという都市を訪れました。電車を降りるとホームに、はかまを着た男の子たちが迎えに来ていて将棋クラブまで案内してくれました。カールスルーエ独日協会の一室では中、高校生を中心に、子どもから大人まで約20人が集まっていて、その一角に畳を敷き、きっちりと正座をした少年2人が脚付きの将棋盤で対局していました。

 主催者のモニカ・ファフさんはドイツと日本のハーフ。チェスをやっていた3人の息子さんに、ご自身が子どもの頃に使っていた将棋を見せたら兄弟みんなで遊び始め、すぐにドイツ国内の将棋大会に出掛けるようになったそうです。そして息子さんの学校で将棋部をつくり、さらに独日協会の協力を得て大人の参加できる将棋クラブを発足させ、近隣の小学校へ将棋を教えに行くようになったとのこと。「ただのゲームではなく、日本の文化として伝えたい」と、あいさつの言葉や将棋用語をなるべく日本語のままで教えていらっしゃるのが印象的でした。

 それから5年がたち、今年2月にモニカさんからメールをもらいました。三男のゲオルグ君と将棋部メンバーの計5人が高校卒業に合わせて、将棋研修として日本へ旅行に来るとのこと。メンバーのホームステイ先を探していたので、レア・コルンさんという女の子がわが家に滞在することになりました。

 8月下旬の2週間。高校を卒業したばかりの5人組は、将棋会館に行って対局室を見学し、社会人将棋団体リーグ戦に参加して将棋を堪能しつつ、浅草や京都へ観光にも出掛けていました。私の運営する「ねこまど将棋教室」では交流将棋会を行い、日本人の参加者と対局し、一緒に食事をして親睦を深めました。

 「卒業してそれぞれ違ったところに行くけれど、これからも将棋を続けてほしい」というモニカさんの思い。あの時に、はかま姿で迎えに来てくれたアティラ・チェーリック君は随分背が大きくなったけれど、変わらない笑顔で将棋を続けていてくれました。これから羽ばたいていく先にも将棋を伝え、一生の趣味としてくれることを願っています。(北尾まどか)

2017年09月15日

北尾まどか 女流二段

北尾まどか 女流二段

北尾まどか女流二段 2000年 、女流棋士2級としてプロデビュー。09年 10月から半年間、NHK将棋講座にレギュラー出演。女流プロ公式戦の対局をこなす傍ら、幼稚園、小・中学校などの教育機関での出張授業や、原稿執筆、講演など、幅広く活動している。10年に将棋普及のため、「株式会社ねこまど」を設立し、代表取締役に。「将棋をもっと楽しく 親しみやすく 世界へ」を理念に掲げ、世界中でイベント出演など将棋を通じて国際交流を行っている。多くの子どもたちに将棋を楽しんでもらおうと考案した「どうぶつしょうぎ」は、発売以来累計60万個を突破するヒット商品になった。東京都出身。1980年1月21日生まれ。

  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ