自民総裁選
    

審議拒否、引き延ばしない 補正予算案で輿石氏

民主党の輿石東参院議員会長は22日夜の日本BS放送の番組で、2008年度補正予算案への対応に関し「参院が反対するから補正を出しても無駄として、与党は臨時国会の冒頭で解散する口実に使いたがっているが、審議拒否も引き延ばしもしない。時期が来れば採決に応じる」と強調した。

また、自民党の麻生太郎新総裁が「補正予算の成立を阻止、反対するのは常識的には考えにくい」と民主党をけん制したことを念頭に「反対なんてできないだろうと言わんばかりだが、それは中身による」と指摘した。

(2008年09月23日)

  共同通信の記事一覧