47NEWS >  カルチャー >  いっしょに山ガール! >  第1回 木漏れ日降る緑のトンネル 高尾山「楽しかった!」

2010年09月24日

第1回 木漏れ日降る緑のトンネル 高尾山「楽しかった!」

はじめまして古瀬絵理です。趣味は登山です―なんて書きましたが、少し前まで登山をしたいとは思いもしませんでした。苦しいところに自分を追い込むのが不思議だったのです。山紀行を通して、私が山に引かれ始めた理由をお伝えします。

 今回、訪ねたのは東京都八王子市の高尾山(標高599メートル)。東京や神奈川出身の知人に聞くと、学校の遠足などで誰もが一度は行くような有名な場所なんですって。

yama_girl1.jpg 登りは、高尾山口駅を出てリフトに乗り山頂を目指すコース。お土産屋さんが立ち並び、雰囲気は登山というよりも「ザ・観光地」。頂上もお弁当を広げる人たちでごった返していて、まるで整備された公園! この時点で高尾山をなめてました(ゴメン)。

 山頂近くのおそば屋さんでおいしいざるそばをいただいた後、6号路で下山開始。そこには、登りとはまったく違った風景が広がっていました。

 地面は大木の絡み合った根っこがあらわになり、ちゃんと見ていないとすぐに足を取られて転んでしまいそうな険しい山道。木漏れ日が降りそそぐ明るい緑のトンネルが延々と続き、ようやく山にたどり着いた気分に。そうそう、こういう所を歩きたかったのよ!

 飛び石の間に流れる沢の水の冷たさに癒やされ、行き交う人たちとの「こんにちは」というあいさつがとても自然で、楽しい時間でした。

 高尾山は不思議な所ですね。観光地としての顔はほんの一部で、一歩足を踏み入れると、緑豊かな山道が延びているんですから。私のような山ガール初心者にぴったりで、コースを選べば何通りもの体験ができる素晴らしい登山スポットでした。あ~、楽しかった!

 全国にも、すてきな山がたくさんあるはず。いろんな山に登ってみたいです。(フリーアナウンサー)

   ×   ×

 おしゃれに山を楽しむ女性たち「山ガール」が急増中。山ガール初心者の古瀬絵理が、山や登山の魅力を紹介する。
(協力:モンベル株式会社)