47NEWS >  カルチャー >  マンガでゼミナール rss

マンガでゼミナール

新着記事

漫画で科学を身近に 「決してマネしないでください。」蛇蔵さん

man woman
news
漫画で科学を身近に 「決してマネしないでください。」蛇蔵さん

 学習をエンターテインメントにするのが、私のライフワーク。前作「日本人の知らない日本語」の次のテーマを探していた時に、フランス革命後に誕生したメートル法の秘話を紹介する科学史の本に出会いました。  天文学者たちが、子午線を計測する使命を成し遂げる波瀾 万丈の実話を読んで、普段使っている技術には、こん

01.01

読んでみる
  • 町工場の〝パス回し〟描く 「黒鉄ボブスレー」土屋雄民さん
    町工場の〝パス回し〟描く 「黒鉄ボブスレー」土屋雄民さん
     2012年の終わりごろ、ソチ五輪を目指す下町ボブスレーの特集をニュースで見て、小さな力が集まって最後に大きな敵を倒す、少年漫画のような構図が頭に浮かびました。  13年2月から取材を始め、2週間ほど工場でアルバイトのようなこともしました。皆さん通常業務以外の時間でボブスレーに取り組んでいて、町おこ…
    12.25
    読んでみる
  • 在宅医療を担う訪問看護師 「ナイチンゲールの市街戦」 原作の鈴木洋史さん 
    在宅医療を担う訪問看護師 「ナイチンゲールの市街戦」 原作の鈴木洋史さん 
     看護師の漫画はたくさんあるけれど、訪問看護師を主人公にした本格的な作品は無かった。自宅で療養する高齢者や障害者)の生活を、医療と介護の両面から支えるのが訪問看護師の仕事です。  団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者になる「2025年問題」を控え、国が医療費削減のために在宅医療を推し進めており、…
    07.27
    読んでみる
  • 漫画で日本美術をガイド 「国宝トゥナイト」いわきりなおとさん
    漫画で日本美術をガイド 「国宝トゥナイト」いわきりなおとさん
     関西の小中学生は、遠足で京都や奈良の寺社仏閣に連れていかれます。大阪出身の僕も、最初は「仏像が怖い」くらいの感想だったのですが、たくさん見ているうちに日本美術が好きになり、これまでに500件以上の国宝を見てきました。  漢字だらけで小さな文字が並んだパンフレットを読むと、高尚でとっつきにくいイメー…
    07.09
    読んでみる
  • 法廷画はありのまま描く 「トコノクボ」の榎本よしたかさん
    法廷画はありのまま描く 「トコノクボ」の榎本よしたかさん
     イラストレーションは「図解する」という意味を持ちます。写真や文章だけで伝えきれないものをより分かりやすくするためにあり、お客のニーズを満たして効果的に伝えるのが目的。作家自身の世界を追求する芸術家の仕事とは性質が異なります。  「アーティスト寄りの人間は仕事さえできればいい」というのは誤った思い込…
    07.01
    読んでみる
  • 金魚すくいの魅力伝える 「すくってごらん」大谷紀子さん
    金魚すくいの魅力伝える 「すくってごらん」大谷紀子さん
     奈良県大和郡山市で金魚すくいをスポーツのように楽しんでいることを知り、「漫画にできるかも」と取材のために足を運びました。マンホールには金魚の絵、お土産屋さんには金魚グッズが並んでいました。  一年中金魚すくいができる道場があることにびっくり。アポなしで訪れたのに、4時間半も金魚すくいの奥の深さを教…
    12.16
    読んでみる