47NEWS >  カルチャー >  彩賀ゆうの芸能チラ似ズム >  柔道界に未練無し? 芸能界で〝一本〟篠原信一

彩賀ゆうの芸能チラ似ズム 毎月1回更新 似顔絵コラム 雑誌やインターネットで活躍する「似顔絵コラムニスト」彩賀ゆうさんが独自の視点と楽しいイラストで旬の芸能ネタや有名人を料理します。

過去記事

一覧へ

09.02

柔道界に未練無し? 芸能界で〝一本〟篠原信一

柔道界に未練無し? 芸能界で〝一本〟篠原信一  リオデジャネイロ五輪は熱かった。特に全階級でメダルを獲得した男子柔道のすごさ。そこに雄たけびを上げる男が! 「井上(康生)監督はさすが。前の監督は何してたんや!」。発言の主はだれあろう、ロンドン五輪で代表監督を務めた篠原信一、本人だ。

 自虐的に言ったのだろうが、血のにじむような努力で男子柔道を再建した井上監督の4年間に、篠原が芸能界で〝大はしゃぎ〟していたのも事実。

 飾らない関西弁トークに加え、コスプレもバカ受け。そのものズバリのはまり役「ターミネーター」や「進撃の巨人」だけでなく、貞子やりゅうちぇるにまでノリノリで変身し、「露出は、柔道に注目してもらうため」との言い分にも、首をかしげてしまう。

 芸能界入りした五輪選手は数多いが、逆のコースをたどったのは、マラソンでカンボジア代表になった猫ひろしだけ。走っている姿を映してもらったのは一瞬だったが、「ブラジルで売れた!」と晴れやかだった。

 身長190センチのリアル進撃の巨人と147センチの小さな巨人。経歴も対照的な2人が、今年下半期の芸能界で競演する可能性は高い。五輪に続くステージで、面白超人力を爆発させてほしい。(似顔絵コラムニスト)
前のページへ
一覧へ