47NEWS >  カルチャー >  Gメン47 >  アートマイレージ >  アートマイレージ 記事一覧
Archive
「木を植えた男」のアニメを感激しながら見る和田彩花さん[
  • 2011.11.17
  • 和田彩花「東京都現代美術館」訪問!(その1)
  •  「木を植えた男」に感激   フレデリック・バック展   アイドルグループ「スマイレージ」の和田彩花さん(17)の美術館巡りもいよいよ最終回。米アカデミー賞に2度かがやいたカナダのアニメーション作家を取り上げた東京都現代美術館(東京都江東区)の「フレデリック・バック展」(すでに展示は終了しています)に足を運びました。   「今日は映像もたくさんあるそうなので楽しみ!」と和田さん。会場に入るとすぐ、代表作「木を植えた男」が九つのスクリーンを使って上映されていて、順路にそって物語を体感できるようになっています。   会場の展示やデザインを受け持った増田春雄さ…[記事全文]
フレデリック・バックさんが1982年に米アカデミー賞を受賞した短編アニメ「クラック!」の紹介コーナーでポーズをとる和田彩花さん
  • 2011.11.12
  • 和田彩花「東京都現代美術館」訪問!(その2)
  •  続いて、バックさんがフランスに住んでいたころに描いた絵や、カナダで出合った自然や動物、先住民文化をテーマにした絵を展示。カナダのテレビ局で制作したテレビ番組用の原画などもあります。 「風景や人の絵だけでなく、かわいいタッチのイラストも描けるなんて本当にすごい」と驚く和田さん。最後に増田さんは「バックさんは環境問題や原発問題も関心が高く、作品のテーマとなっています」と教えてくれました。  忙しい合間をぬって五つの美術館を訪ね歩いた和田さんは「本当に幸せ! みなさんもぜひ行ってみてください」とにっこり。「いつかフランスのルーブル美術館やオルセー美術館にも行ってみたいな」と夢をふくらませていました…[記事全文]
  • 2011.09.21
  • 和田彩花「国立西洋美術館」訪問!(その1)
  •  いつか私も彫刻になる?   古代ギリシャ展でリポーターにも挑戦!   以前から「彫刻も見てみたいな」と話していたアイドルグループ「スマイレージ」の和田彩花さん。  ロンドンの大英博物館にある古代ギリシャ時代の彫刻など名品135点を紹介する「古代ギリシャ展」(東京・上野の国立西洋美術館、9月25日まで)を訪れました。   「ギリシャの彫刻を見るのは初めて」と和田さん。  ドキドキしながら、うす暗い館内に足をふみ入れました。最初の展示コーナーには神々の像がズラリ。研究補佐員飯塚隆さんが「ギリシャ時代には、人と同じ大きさの神様や英雄の像がたくさん作られました」と教えてくれます。   その中にひげ…[記事全文]
  • 2011.09.21
  • 和田彩花「国立西洋美術館」訪問!(その2)
  •    今回の目玉である「円盤投げ」の像が登場。  大理石をノミで彫って作ったもので、たくましい男の人が円盤を投げるところを見事にとらえています。   「これは円盤投げの選手ですか?」と和田さんが聞くと「今のオリンピックのもとになったギリシャの古代オリンピックでも円盤投げがありました。像が残っているということは、優勝した選手かもしれませんね」と飯塚さん。  「当時から長距離走や短距離走、ボクシングなどが盛んでした。戦争に備えるためでもありました」   和田さんはあらためて円盤投げの像を見上げながら「いつかわたしも彫刻を作ってもらいたいな。えーと、メンバーといっしょに『スマイレージです!…[記事全文]
  • 2011.08.30
  • 和田彩花「森美術館」訪問!(その1)
  • 面白ければすべてアート  森美術館で現代美術を体験   初期メンバーの小川紗季さんの「卒業」という衝撃のニュースが駆け巡った人気アイドルグループ「スマイレージ」。  リーダーの和田彩花さんは自身のブログで紗季さんへの惜別の思いと新生スマイレージの新たな船出の誓いをつづっていました。   そんな和田さんが忙しいレッスンなどの合間に東京都内の美術館を訪ねる連載企画も3回目。今回は東京・六本木にある森美術館の「フレンチ・ウィンドウ展」(8月28日で終了)を訪れました。   フランスの現代美術の最前線が分かる美術展ですが、和田さんは「現代美術って初めて...」とちょっとだけ不安そうです。  六本木ヒ…[記事全文]
  • 2011.08.30
  • 和田彩花「森美術館」訪問!(その2)
  •      さらに館内を進むと、自分の姿がゆがんで見える鏡など、不思議な作品が続々登場。   館長から「どう思う?」と聞かれた和田さんは「えー。自由です」とポツリ。   それを聞いた館長、「自由...。いい言葉だね!」と大きくうなずきます。     「現代美術とはまさに自由。身の回りにあるものも、自分が面白いと言えばすべてをアートに変えることができるんだ」。  館内を見終わった和田さんは「現代美術、楽しかった。わたしもがんばればアートができるかな。コップを積み重ねてタワーにして、名付けて東京スカイコップタワー!」と、少し照れながら宣言。  だれもが芸術家に…[記事全文]
  • 2011.08.23
  • 和田彩花「国立新美術館」訪問!(その1) 
  • マネの「鉄道」にうっとり  国立新美術館で見る印象派      8月14日、東京都内で開かれたライブ中に、プロデューサーのつんく♂さんから、新メンバー5人の増員が発表された人気アイドルグループ「スマイレージ」。        感極まった表情ながらも「アイドルの天下一を目指します!!」と高らかに宣言した、リーダーの和田彩花さんは実は..美術館巡りをこよなく愛する少女でもありました。     新メンバー発表からさかのぼること約2カ月前、和田彩花さんが訪れたのは、ルノワールやゴッホといった西洋の有名画家たちの作品を一堂に集めた国立新美術館(東京・六本木)の…[記事全文]
  • 2011.08.23
  • 和田彩花「国立新美術館」訪問!(その2)
  •  やはりお目当ては、17年ぶりに"来日"したマネの「鉄道」。駅のさくの前で読書する女の人と、機関車から出た蒸気を鉄格子のこちら側から見つめる少女の後ろ姿が描かれています。  和田さんは「本でしか見たことがなかったから、初めて生で見られて満足です」とうっとり。  研究員さんは「題は『鉄道』ですが、列車は描かず、列車があることを蒸気でほのめかしているだけ。また2人は親子のようにも、姉妹のようにも見えます。マネは絵を見る人が謎に包まれてしまうような絵をかいた画家でした」と教えてくれました。  マネ以外にも、自分の耳を切ったエピソードがあるゴッホの絵にも引かれていた和田さん。あらためて絵の"おく深さ"…[記事全文]
  • 2011.08.09
  • 和田彩花『竹久夢二美術館』を訪問!(その1)
  •      キュート&ビューティフルな着物姿 美人画展の夢二美術館   昨年5月にメジャーデビューしたアイドルグループ「スマイレージ」。  2年目の夏も、シングル「有頂天LOVE」の発売、まさかの新メンバーオーディションなど話題沸騰中ですが、実はリーダーの和田彩花さん(17)は〝美術館大好き少女〟でもありました。   ライブやレッスンの合間にいろいろな美術館に行っていると聞き付けた取材班は、さっそく和田さんに東京都内のオススメ美術館を案内してもらいました!    ×   ×  記念すべき1回目は東京都文京区の「竹久夢二美術館」の「夢…[記事全文]
  • 2011.08.09
  • 和田彩花『竹久夢二美術館』を訪問!(その2)
  •    石川さんは「夢二は少女雑誌の絵も描いていました。当時の雑誌はグラビア写真が少なかったので、10代の女の子にとって夢二はファッションリーダーでもあったんです」。  「夢二さんの美人画って本当にかわいくてきれい! 着物姿だったからよけい美しく見えちゃう。わたしも着てみたくなりました」と目を輝かせる和田さん。  観賞後は美術館の横にあるカフェで、バラの模様が浮かんでいるカプチーノを注文し、乙女の気分を満喫。故郷・群馬県にある「竹久夢二伊香保記念館」についても「いつか行ってみたい」と思いを馳せていました。    【その1は こちら】 (了) 次回は国立新美術館です!   &n…[記事全文]