山田・豊間根にスーパー出店 「びはん」が来年4月-【岩手日報
 スーパーを経営する山田町中央町の「びはん」(間瀬半蔵社長)は来春、山田町豊間根の国道45号沿いに豊間根店を出店する。以前からの要望に加え、震災で豊間根地区に仮設住宅が建ち、人口が増えたことで進出を決めた。来年4月中旬にオープン予定で、買い物に不便する地域住民も期待している。  豊間根店は鉄骨平屋建てで、近くに仮設住宅がある豊間根橋南側の私有地を取得し、建設する。売り場面積は998平方メートルで、150台分の駐車場を整備。総菜や食品などを取り扱う。  豊間根地区は大きなスーパーがなく、地域住民は通常、車やバスで宮古市や町中心部に買い物に行っている。付近の仮設に住む女性(63)は「自分は車もなく、市街地までバスで行っているので、びはんができれば最高に便利だ」と期待する。...【人物】間瀬半蔵