税理士ら逮捕 虚偽の公正証書を作成 東京地検特捜部-【産経新聞
 法人税の確定申告の手続きに絡んで公証人役場に嘘の報告したとして、東京地検特捜部は10日、公正証書原本不実記載などの疑いで、埼玉県川口市、税理士、小倉浩司容疑者(51)と、東京都港区、飲食業「オルフェ」経営、長瀬敏夫容疑者(53)ら3人を逮捕した。 調べによると3人は共謀し、経理担当者の犯罪行為によってオルフェが受けた損害額が1億3900万円だったにも関わらず、4億8500万円という過大な申し立てを公証人役場に行い、虚偽の公正証書を作成させた疑いが持たれている。 関係者によると、小倉容疑者らは損害を水増しすることで、オルフェの法人税を圧縮したとみられる。...【人物】小倉浩司 長瀬敏夫   ブログを読む