吉祥寺/将棋道場

 将棋を題材にした漫画が相次いでヒットするなど、若者の間で高まる将棋人気。そんな中、小学6年の竹俣紅さん(12)がプロ顔負けの天才少女として注目を集めている。アラーキーこと、写真家の荒木経惟さんが、麗しき“駒姫”の対局を撮った。

 東京・吉祥寺の雑居ビルの中にある「将棋サロン吉祥寺」は、竹俣さんが通う将棋道場だ。年配の男性たちに交じり、女子大生ら若者も多い。花柄のワンピース姿で、ちょこんとソファに座っていた竹俣さん。

引用かわいいね。羽生名人みたいに扇子持ってるのがいいな引用

 高校1年の先輩男子との対局が始まると、あどけない表情が一転、鋭くなる。ピシッ、ピシッと駒を指す音が響く中、2人の横であぐらをかき、シャッターを切るアラーキー。

引用いい顔するなあ。やっぱり将棋が顔を作ってるね。りりしいよ引用

小学1年で始めた将棋に「ビビッときた」という竹俣さん。この4月には女性プロ2人を破り、小学生として初めて女流王将戦の本選に進んだ。「どんなに定石を覚えても勝てるわけじゃない。オリジナリティーを自分で生み出すのが楽しい」。約1時間の対局後、再び小学生の笑顔に戻った竹俣さんに、感心しきりのアラーキーが一言。

引用将棋道場に鶴がいたね引用

通いなれた将棋道場でリラックスした笑顔
あちこちで真剣勝負
スッと伸びた背筋と指先
対局中は鋭い表情に

次の一手どうする?
高齢者劇団 ギャラリーへ 12月上旬オープン予定
47NEWS  アラーキーTOP
47NEWS アラーキーの幸福写真 メーキング動画映像サムネイル
アラーキーのアラキッス GELLERY TOPへ

47NEWSに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C) 2006-2012 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
サイトポリシー |  運営会社 |  著作権 |  リンク |  広告掲載 |  使い方ナビ |  お問い合わせ・情報提供 |  サイトマップ