47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 茨城の企業、放射性物質を誤廃棄 アメリシウム300万ベクレル

     原子力規制委員会は20日、茨城県つくば市の医療関連製品の製造販売業「JSRライフサイエンス」が、放射性物質のアメリシウム(300万ベクレル)を誤って廃棄したと発表した。規制委は同社を厳重注意した。

     原子力規制庁は「処分後は希釈されており、大きな影響はないと考えられる」としている。

     規制庁によると、アメリシウムは金属製の薄膜で覆われた状態で測定装置に取り付けられていたが、同社は取り外さないまま測定装置ごと処分業者に引き渡していた。

      【共同通信】