47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 岩手への次世代加速器誘致を要望 宮城県知事


     山本科技相(左)に要望書を手渡す村井嘉浩宮城県知事=26日午後、東京・霞が関

     宮城県の村井嘉浩知事は26日、内閣府を訪れ山本一太科学技術担当相と会談、宇宙の謎の解明を目指す次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を、岩手県の北上山地に誘致するよう要望した。

     村井知事は「まずは日本に誘致し、東北に光が当たるよう岩手県での建設をお願いする」。山本氏は「安倍内閣として議論している最中で、しっかりと方針を定めた上で検討する」と応じたという。

     要望には北海道東北地方知事会や東北市長会、東北経済連合会などの関係団体が参加。 ILCは、約30キロの直線トンネルに加速器を設置。高エネルギーで粒子を衝突させ、宇宙誕生直後の状態を再現する。

      【共同通信】