47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • フジで活躍の大塚アナが再入院 自宅療養中に再発


     大塚範一さん

     フジテレビは16日、急性リンパ性白血病のため自宅で療養していたフリーアナウンサー大塚範一さん(64)が再発により、再入院すると発表した。定期検査で判明したという。

     大塚さんは4月スタートの同局の情報番組「アゲるテレビ」の司会として本格復帰する予定だったが、出演は当面見合わせる。

     大塚さんは2011年11月に入院し、その後、メーンキャスターを務めていた「めざましテレビ」を降板。昨年10月に退院し、自宅で療養していた。

      【共同通信】