47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 独環境相、脱原発へ日本と協力 廃炉支援も


     ドイツのアルトマイヤー環境相(ドイツ環境省提供・共同)

     【ベルリン共同】ドイツのアルトマイヤー環境相は11日までに、同国が進める2022年末までの脱原発に向け、スマートグリッド(次世代送電網)や蓄電技術の開発などで日本との協力を深め、省電力や再生可能エネルギーの普及を進める考えを示した。共同通信との電話インタビューで述べた。

     環境相は再生エネルギー関連の新たな産業を生み出すことで「ドイツからエネルギー革命を起こす」と述べ、脱原発の方針は揺るがないと断言。日本政府から要請があれば、東京電力福島第1原発の廃炉作業を支援する用意があるとも表明した。

      【共同通信】