47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 「東電家宅捜索で証拠押収を」 原発告訴団が地検に要望


     東京地検前に集まった福島原発告訴団の告訴人ら=22日午後

     東京電力福島第1原発事故で、当時の東電幹部ら33人を業務上過失致死傷容疑などで告訴・告発した福島原発告訴団が22日、東電本店を家宅捜索して証拠を押収するよう東京地検に申し入れた。

     告訴団は厳正な捜査を求める4万265人分の署名も提出。メンバーら数百人が東京・霞が関の地検庁舎前に集まり「地検は起訴せよ」などと記した紙を掲げた。

     記者会見した告訴団の河合弘之弁護士は「本店には東電が津波対策を怠った証拠が山のようにあるはず。やらないのであれば手抜き」と述べた。

     検察当局は告訴団などからの告訴・告発を昨年8月に受理。早ければ今春にも立件の可否を判断するとみられる。

      【共同通信】