47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 福島県の医師19%が体調不良 震災前の3・5倍

     東日本大震災の被害が大きかった東北3県の医師を対象にした意識調査で「健康状態が良くない」との回答が福島19・4%、宮城14・1%、岩手12・8%に上ることが10日分かった。特に福島は震災前に比べ3・5倍の高さ。震災でストレスを感じるとの回答も福島で62・9%に達し、宮城51・6%、岩手39・2%に比べ際立つ結果となった。

     調査した日本医師会総合政策研究機構は「医師不足の中で過酷な勤務を長期間続けているほか、福島では東京電力福島第1原発事故によるストレスの影響もあるのではないか」とみている。

     3県で2012年8月下旬から9月中旬にかけて調査した。

      【共同通信】