47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 江副浩正氏が死去 リクルート元会長 


     死去した江副浩正氏

     リクルート(現リクルートホールディングス)元会長で、政官財界に値上がり確実な未公開株が配られたリクルート事件で贈賄罪などに問われ有罪が確定した江副浩正(えぞえ・ひろまさ)氏が、8日午後3時20分、肺炎のため東京都内の病院で死去したことが分かった。76歳。大阪市出身。葬儀・告別式は未定。

     東大卒業後、1960年に広告会社を創業。就職情報誌を発行するなどして急成長させ、後にリクルートに社名変更した。

     88年、当時の川崎市助役に関連不動産会社リクルートコスモスの未公開株が譲渡されていたことが発覚。一大スキャンダルに発展し、竹下内閣の総辞職につながった。

      【共同通信】