47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回


     終末期医療に関する自身の発言について釈明する麻生副総理=21日午後、財務省

     麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

     発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。

      【共同通信】