47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 比例は自民22%、民主11% 維新10%、衆院選トレンド調査

     共同通信社が12、13両日に実施した衆院選に関する全国電話世論調査(第5回トレンド調査)によると、比例代表の投票先は自民党が前回調査(8、9両日)から1・8ポイント増の22・9%で首位を維持した。民主党は1ポイント増の11・3%、日本維新の会は0・5ポイント減の10・1%で、両党の順位が入れ替わった。

     「野田首相と安倍自民党総裁のどちらが首相にふさわしいか」では、安倍氏34・2%(前回39・2%)、野田首相28・7%(同30・7%)となり、安倍氏がリードを保った。

     内閣支持率は23・9%で、前回の24・9%をやや下回った。

      【共同通信】