47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 米、プルトニウム保有最少化要求 原子力協定の「前提崩れる」


     青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場=6月15日、共同通信社ヘリから

     原発ゼロを目指す一方、使用済み燃料の再処理を継続する「革新的エネルギー・環境戦略」を打ち出した日本政府に対し、米政府が、再処理で得られる核物質プルトニウムの保有量を「最少化」するよう要求していることが3日、分かった。

     核兵器に使用できるプルトニウムの消費のめどが立たないまま再処理路線を続ければ、核拡散上の懸念が生じるため、米側は、再処理を認めた日米原子力協定の「前提が崩れる」とも表明した。日米両政府の複数の当局者が明らかにした。

     日本の核燃料サイクル政策の後ろ盾である米国が、整合性のない新戦略の矛盾を指摘した格好。

      【共同通信】