47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 日本大使館放火未遂で懲役10月 中国籍の男に韓国地裁

     【ソウル共同】ソウル中央地裁は23日、ソウルの日本大使館に1月、火炎瓶を投げ付けたとして現住建造物放火未遂などの罪に問われた中国籍の劉強被告(37)に懲役10月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。

     判決によると、旧日本軍の従軍慰安婦問題で日本に反感を持っていた劉被告は1月8日、火炎瓶11本を準備して日本大使館へ行き、うち4本を投げ付けた。

     金煥洙裁判長は「国家を代表し国民の安全を保障する外交公館を燃やそうとした」と指摘。一方で「特別な被害はなく、被告は犯行を自白した」と述べた。

      【共同通信】