47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 実名報道「極めて遺憾」と日弁連 光市事件判決で会長声明


     日弁連の宇都宮健児会長

     日弁連の宇都宮健児会長は24日、山口県光市母子殺害事件で被告の元少年の死刑が確定することになった20日の最高裁判決に関し、一部の報道機関が元少年の実名や顔写真を報じたことについて「少年法に明らかに反する行為で、極めて遺憾だ」とする声明を出した。

     声明は「少年の健全育成を掲げた少年法や国際的規則の理念は、成年に達した後も、死刑が言い渡されても変わらない」と指摘。「死刑確定後も再審や恩赦の制度で社会復帰する可能性はある」とした。

      【共同通信】