47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 次期戦闘機、F35導入を決定 初の最新鋭ステルス 


     ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社提供)

     政府は20日午前の安全保障会議(議長・野田佳彦首相)と閣議で、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として、米国主導で国際共同開発中の最新鋭ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社製)を導入すると正式決定した。2012年度予算案に4機分の取得費を計上し、16年度からの納入を目指す。

     F35は候補3機種の中ではレーダーに探知されにくいステルス性が格段に高く、現有機との情報共有機能に優れるなど性能面を評価した。空自初のステルス機で、老朽化したF4戦闘機の後継として約40機の調達を見込む。ステルス機開発を進める中国やロシアに対抗する狙いもある。

      【共同通信】